ブラジル世界遺産

パンタナル自然保全地域

ブラジルが誇る世界遺産、パンタナル自然保全地域とは世界最大の湿地帯です。
世界遺産とは国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が後世に残すべき地球人類の遺産として、その保護を目的として登録されたものです。
ブラジルでは現在7つの自然世界遺産が登録されており、パンタナルもそのうちの一つです。

単に湿地帯と聞いただけではそれほど行ってみたいという意欲に駆られないと思いますが、こちらの魅力はその圧倒的な大自然がもたらす様々な表情にあります。
パンタナル自然保全地域は熱帯性の湿地帯ですので、雨季になるとそのほとんどが水没してしまいます。
それもまた素晴らしい景色です。

パンタナル湿地帯の広さは日本と同じくらいの大きさがありますので、もちろん一日や一週間でその魅力を知り尽くすことはできません。
つまり何度行っても素晴らしいと思える場所と言えます。

観光でパンタネルを訪れる場合には、その広大でありすぎることと、危険なワニ等の動物も多数生息していますので、
基本的にはツアーに参加するのが安全安心でベストです。

パンタナルを訪れるなら、人気なのが「青の地底湖」です。
ボニートという地域周辺にあります。
青の地底湖とは洞窟の地下にある青く光り輝く地底湖のことです。
ヘルメットをつけて洞窟を約70m降りたところにあります。
青の地底湖はその神秘的な景色に誰もが心を奪われると言います。
水面が青く見える時間帯は12月から2月の時期の午前8時半から9時頃までの、太陽光が地底湖に差し込む時間に限られています。

また、ボニート周辺にはスクリ川という非常に透明度の高い川があります。
それはまるで綺麗に掃除された人工的な水槽のようです。
スクリ川ではシュノーケリングが楽しめるツアーを楽しむことができます。
シュノーケリングをしてみると、誰しもがこの目で見た水中の景色をカメラに納めたいという衝動にかられます。
そこに浮かぶ人はまるで浮いているように見え、魚も一つ一つがものすごく綺麗に見えます。

パンタナルでは広大な水を利用して、ラフティングやボートによる観光が非常に人気です。
またパンタナルでは様々な種類の動物や鳥類も非常に人気の一つですので、道中様々な動物に出会えることも魅力の一つです。
広大な自然と共にゆっくりとした時間を過ごし、自然の一部になる感覚を存分に感じてください。
日本からブラジルのパンタナル自然保全地域へ観光で訪れる場合、
総予算は約50万から100万円程を見積もっておいたほうが良いでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国