オーストラリア世界遺産

フレーザー島

オーストラリアのグレート・サンディ国立公園の中にある世界遺産のフレーザー島は、オーストラリア大陸の中央部あたりにあるクイーンズランド州の州都であるブリスベンの約300キロ北方に位置する世界最大の砂で出来た島です。

その場所は、世界最大のサンゴ礁として有名なグレートバリアリーフの南端に位置していると言えばその位置が分かる人も多いことでしょう。

フレーザー島は、幅25キロ、長さ123キロ、標高は200メートルある非常に細長い形状をしており、総面積は18.4万ヘクタールで大阪府と同じ程度の広さを有しています。
驚きなのは、この広さを有するフレーザー島が、風と雨によってオーストラリア大陸から流れ出した山の土砂などが気の遠くなるような年月をかけて堆積してできていることです。
このため、世界各地を見ても、フレーザー島でしか見ることのできない地形と生態系が残っていることから1992年に世界遺産に登録されました。

一般的には、砂でできた島というと殺伐な風景を想像しますが、フレーザー島には、砂の上を流れるエメラルドグリーン色をしたきれいな川である「イーライ・クリーク」や、世界でもっとも美しい湖と言われる「マッケンジー湖」、世界で唯一、砂の上にできている亜熱帯雨林、そして約95キロも続く海岸線など多くの観光客を魅了するたくさんの絶景のスポットに満ちています。

砂の島であることを知らないと全く普通の島と思えるほどの豊かな自然がこの島にはあります。95キロも続く海岸線は、車の道路にも、飛行機の滑走路として利用されています。

オーストラリアの先住民であるアボリジニは、このフレーザー島を、パラダイスを意味する「カガリ」と呼んでいますが、正にそう呼んでも全くに問題ないと言える程の美しい景観に溢れています。

また、自然の景観だけでなく、フレーザー島では豊かな生態系を楽しむことができます。
絶滅が危惧されているイヌ科の哺乳類のディンゴやカンガルー科に属する哺乳類ワラビー、数百種類の野鳥、そしてたくさんの種類の両生類、爬虫類が生息しています。
そして、海洋では、ザトウクジラやイルカを観察することができます。

絶滅の恐れがあるディンゴを守るためや島内の生態系を守るために犬などのペットの持ち込みが禁止されています。
島へのアクセスは、ブリスベンやゴールドコーストから多くのツアーが利用できるので訪問しやすい世界遺産です。
きれいな自然の元で、キャンプや釣り、水泳、動物観察など多彩な楽しみ方ができます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国