オーストラリア世界遺産

ハード島とマクドナルド諸島

オーストラリア大陸の西端にある都市のパースから南西方向に4100キロ、アフリカ大陸から南東方向に4700キロ、南極大陸からは北方向に約1500キロ離れたインド洋に浮かぶ無人島の世界遺産であるハード島とマクドナルド諸島は、亜南極地域に属する島の中でただ一つの火山島です。もともとは、イギリス領でしたが、1947年にオーストラリア領となり、オーストラリアが現在管理しています。

南極大陸に近いことから、ハード島とマクドナルド諸島は、その大半を氷河で覆われている厳しい自然環境のため、樹木は育たずわずかな草と苔のみしか生息していません。

また、ハード島には、標高2745メートルの活火山のモーソン山がそびえることによる特殊な地形の影響で島にはハリケーンに匹敵する強い風が吹き荒れ、降雪も多く、激しい濃霧にも見舞われたり、また活火山があることから冷たく静的な万年雪・氷河が存在するとともに、一方で熱く、煮えたぎるマグマの動的な対照が地質学的に貴重な場所であると言われています。それらの自然の驚異がドラマティックに展開していることから、人間や外来種による生態系への影響を受けずに原始のままの生態系が維持されています。

一方、マクドナルド諸島は、ハード島の南西40キロに点在する岩のみの島々です。
オーストラリア大陸、アフリカ大陸、南極大陸からも遥かに離れた絶海の中に存在していることから、生物の進化の過程などを研究するのに非常に適した場所となっています。
これらの貴重な生態系が残っていること、地球の歴史を示す顕著な地形が見られることからハード島とマクドナルド諸島は1997年に世界遺産に登録されました。

ハード島とマクドナルド諸島には、多くのアザラシ、アシカなどの哺乳類、ペンギン、アホウドリなどの鳥類の生物が、この厳しい環境下で生息し楽園を形成しています。
この手つかずの自然を守るためにオーストラリア政府は、ハード島とマクドナルド諸島の環境保全を厳しく維持・管理しています。

そのため、観光目的による島への上陸はもちろん禁止されているほか、科学調査の目的であってもこれらの島々への上陸は人数制限が儲けられています。
更に、島への上陸を禁止するだけでなく、ハード島とマクドナルド諸島の周囲12海里の領海に対して、その海域での漁業活動、資源採掘などの産業活動一切を禁止しています。

残念ながら、観光目的で行きたくても、近くの都市といっても遥か遠くになりますが、それらの都市からツアーは用意されていません。
チャーター便を手配すれば島へは近づくことは可能ですが危険も伴うようなエリアです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国