オーストラリア世界遺産

カカドゥ国立公園

1981年にオーストラリアで初めて世界遺産に登録された中の一つのカカドゥ国立公園は、オーストラリアの中央にあるノーザンテリトリー準州の北部の海沿いから内陸部へ広がり、総面積は日本の四国のよりも一回り大きい約2万平方キロメートルもの広大な広さがあります。

オーストラリアの北部は熱帯地帯に属しているため、カカドゥ国立公園にはマングローブが生い茂る大湿原が広がっています。
しかし、内陸に向かって行くと、一転、荒々しい断崖絶壁の渓谷が広がるなど変化に満ちた国立公園です。

このカカドゥ国立公園には、人類が住んでいた痕跡が40万年前から残っており、公園内の洞窟には4万年から6万年前の昔からこの地に住んでいた人類やその子孫であるかもしれないオーストラリアの先住民アボリジニの描いた壁画が3000以上も残されていて文化的な意義があるエリアとなっています。

この多くの壁画の中で有名なものは、ノーランジー・ロックやウビル・ロックなどにある魚や亀の内臓や骨格をレントゲンで見たように描いている絵です。
壁画は、2万年前頃から描かれたと推測されており、これらの絵は紀元前5000年前に描かれたと言われています。
カカドゥ国立公園は、このような文化的な意義の他に、このエリアに住む固有の動物、豊かな自然の景観に溢れている場所でもあることから、世界遺産の中でもその3%程しか登録されていない数少ない文化と自然の両方の世界遺産に登録されている複合世界遺産です。

公園内には、約1500種の植物、約1万種類の昆虫、約300種弱の鳥類を始め、数十種類の哺乳類、両生類、爬虫類、魚類など多種・多数の生物が生息している貴重な自然に満ちています。

カカドゥ国立公内の著名なスポットには、熱帯雨林の大湿原で動植物の楽園となっているイエローウォーターや、断崖絶壁に美しい滝のあるジムジムフォールズ、アボリジニの壁画が残る岩山のノーランジー・ロック、野鳥の観察に適しているマムカラなどがあります。

カカドゥ国立公園観光の玄関口は、ノーザンテリトリー準州の州都であるダーウィンです。カカドゥ国立公園は、そこから約250キロ弱離で車であれば3時間程度でいけるため、日帰り観光も可能ですが、公園内には宿泊施設のある町があり、そこで数泊して観光した方がカカドゥ国立公園の魅力を余すところなく体験できます。

尚、観光で出かける時には、12月~3月は雨季にあたり道路が水没することもあって行くことができない状況になることもあります。
そのため、4月から11月にかけていく方が見る機会を無くすことがないでしょう。
4月、11月などに行く場合は事前に天候を確認してから行くようにした方が良いでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国