オーストラリア世界遺産

王立展示館とカールトン庭園

「王立展示館とカールトン庭園」は2004年に登録されたばかりの世界遺産です。
グレートバリアリーフやエアーズロックなどの自然遺産が有名なオーストラリアにおいて、最も有名な文化遺産だとされている世界遺産であり、高い建築技術によって建築されていることから世界遺産に登録されています。

この世界遺産はオーストラリア連邦ビクトリア州のメルボルンにある世界遺産なのですが、メルボルンはオーストラリアの第二の都市として栄えている街なので、周辺は常に活気があり、明るい雰囲気に包まれています。

2004年に登録されたばかりの世界遺産なので、比較的世界遺産としての経歴は短いのですが、周辺はしっかり整備されており、保存状態もかなり良いので、かつての趣をそのまま味わえる文化遺産になっています。

また、王立展示館とカールトン庭園は1880~1888年にかけて建築されており、世界万博の為にロマネスク様式とイタリア・ルネッサンス様式、ビザンチン様式などを組み合わせて造られました。

1880年にはメルボルン国際博覧会が行われており、1888年にはオーストラリア植民地生誕百周年記念国際博覧会が開催されているので、この二つの為に凝った建築にされている世界遺産です。
カールトン庭園の方は約二十六ヘクタールもあり、非常に広大な範囲に及んでいるのですが、内部には映画館があったりテニスコートがあったりと、世界遺産らしからぬ使い方をされています。

王立展示館とカールトン庭園に訪れる日本人はあまりいないので得られる周辺情報も少ないのですが、実際行ってみると非常に素朴な世界遺産だということが分かるスポットでもあります。

世界的な知名度の極めて高い万里の長城やエルミタージュ美術館などの世界遺産を観てからこの世界遺産を観てしまうと「これが世界遺産?」と思ってしまうかもしれないような場所であるのですが、中に入ってみると楽しめるスポットがたくさん見つけるので、オーストラリアへの観光を考えている方はぜひ観光してみましょう。

ちなみにこの世界遺産は、お子さんを連れて行ってもあまり楽しめる場所がない世界遺産です。

迫力が素晴らしいというよりも、建築様式に詳しい人が観ると非常に勉強になるといった世界遺産なので、建築に興味のある方だとかなり楽しめるかと思われます。

特に勉強したい訳ではなく、ただ美しい世界遺産が観たいのであれば、やはりグレートバリアリーフやエアーズロックなどの世界遺産の方がおすすめです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国