ロシア世界遺産

西カフカース

立ち並ぶ山脈が魅力的なロシアの西カフカースは世界遺産としてその名を世界中に知れ渡るものとしました。
このロシアの西カフカースが世界遺産に登録されることになった背景には、絶滅危惧種がいまもなお生息できる環境下にあるという点です。

自然がとても豊かであり、その環境は高度や地形によって場所ごとに生息する生き物も違えば生息する食物も違うほど、同じ山脈内でもめまぐるしい環境の違いがあることも西カフカースの特徴の一つになっています。

西カフカースの特徴の一つとして、標高の高いところであれば氷河地帯があり、また標高の低いところであれば低地としての環境があります。西カフカースを訪れる人々というのは、ピクニックを楽しむ若い世代から、環境保護のための活動団体までさまざまです。気軽に楽しむ環境から、研究を兼ねた活動までそのバリエーションは豊富であるということが言えます。

実際に現地の人々は、散歩がてら高度の低い場所を利用する姿も見られるため、ほほえましい光景を目の当たりにすることになります。しかし、高度の高い場所には、多くの危険も備わっており、訪問の際は十分注意しなければなりません。

この地で多くみられる生物としては、ヨーロッパバイソンがあります。群れをなす傾向にあり、大移動をするその光景は迫力すら感じることができます。

しかし、最近では保護団体によって管理される程、その数は激減しており、野生のヨーロッパバイソンは西カフカースでも確認できなくなっているのです。

絶滅が懸念された理由の一つとして、過度の狩りがあげられます。かつてはにぎわいすらみせていたこともあったのですが、今となっては管理をされたうえでの生息になっているので、今後の取り組みが期待できます。

この山脈では自然施設がとても高い評価を受けており世界遺産としてもその自然環境がとても評価されています。森林も質の高い木々が立ち並んでいるため、その一本一本が価値のあるものになっているのです。

その光景はとても広大な自然の力を感じることができますので、自然の偉大さというものを目の当たりにすることを可能としています。この地について絶滅危惧種をメインに活動されていますが、関連情報は現地でも多く取り入れることができます。どういった活動が行われているのか、現地へ足を運んで初めてわかるような内容も多く存在します。失くすことはたやすいですが、いかにして守るかという点が重要になるのです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国