ロシア世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場

ロシアで挙式を行ったあと必ずといっていいほど訪れるのが、モスクワのクレムリンと赤の広場です。
これは、現地では定番のスポットになっており、多くのカップルが足を運んでは互いの幸せを誓い合っているのです。美しいという意味がこめられており、妻への愛情表現の一つとしてこの地が選ばれているという意味もあるのです。

立地としては、モスクワの中心部に位置していることもあり、ロシア国内でもとてもにぎわいのある場所になっています。世界遺産がある場所としては、比較的にぎやかさを持った場所であるということが言えます。そのため、交通の便も良く、入りやすい環境が整備されているのです。

世界遺産として人類の才能を象徴しているという点から登録にいたったのは、モスクワのクレムリンと赤の広場の二つを体験できる地であるというのも大きな意味を持っているのです。

スパスカヤ塔はとても魅力的な建築物であり、迫力ある構造になっています。他にも20を超える塔が隣接するこの地は、その展望もとても魅力的で、世界遺産にふさわしい景色が広がっているのです。

モスクワのクレムリンと赤の広場は日本では目にすることができない宮殿や大聖堂が立ち並んでいることが一つの大きな魅力となっています。ロシアならではの洋風な作りになっていますので、世界的にも有名なその作りを眺めているだけでも有意義な時間を過ごすことができるのです。

モスクワのクレムリンと赤の広場は他にも、大統領府や大統領官邸が今でも設置されるなど、政治的な中心地にもなっています。ロシアにとってモスクワのクレムリンと赤の広場なくしては国として成り立たないといっても過言ではないのです。それだけ重要な場所であり、観光するにも十分な場所でもあるのです。

こういった宮殿や大聖堂というのは、日本が和の文化が浸透していることを考えると、洋の構造であるロシア独特の建築物はとても珍しく、新鮮さすら感じることを可能としています。モスクワのクレムリンと赤の広場を訪れる機会があれば、その記憶は一生の思い出になることは間違いないのです。

和の文化は、落ち着いた質素な作りを基調とし、素材も木や畳といったシンプルなものが多く取り入れられています。その反面、洋の文化というのは、自由な設計からカラフルな色合い、しいては星などを取り入れた構造物が特徴的です。モスクワのクレムリンと赤の広場でもそんな華やかな構造物を見ることが可能になっています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国