ロシア世界遺産

ノブゴロドの文化財とその周辺地区

世界遺産に登録されているロシアのノブゴロドの文化財とその周辺地区の、ノブゴロドというのは、新しい街という意味を持っています。今ではロシア国内において世界遺産に登録される程、ノブゴロドの文化財とその周辺地区は最古の都市という位置付けになっており、多くの歴史と伝統を持っている街になっています。

そんなノブゴロドの文化財とその周辺地区は、現在小都市として扱われており、世界遺産登録されているほかの地域に比べると、比較的落ち着いた場所になっており、治安としても大きな乱れがないため、観光にはゆっくりと回れる場所であるということが言えます。

洋作りの建物が並ぶ中、城壁も多く、かつての争いがあった時代の面影がうかがえます。

モンゴルからの侵略を受けた際には、他の都市部が大きく破壊されたのに対して、ノブゴロドの文化財とその周辺地区は大きな破壊もなく、当時の建築物が多く残っているという点で、重宝されているのです。

ノブゴロドの文化財とその周辺地区は、一時は他の都市が機能しなくなった代わりとして、政治の中心地に君臨し、モンゴルからの政治的支配におかれるまでの間、大切な役割を果たしていたという過去もあります。

モンゴルからの侵略とは別に、火災による被害を受けていたという記録が残っており、建物の多くはその火災によって焼失してしまった経緯があります。現地の人々の力により、その焼失という出来事を経て、再建が図られたことにより、世界遺産に登録される程の建築物となるまでに復活したのです。

実際にその建築物を見てみると、大聖堂の立派さが目を引きます。白塗りのその建物は、強い輝きを感じ、迫力すら受けることができます。ノブゴロドの文化財とその周辺地区は川が貫かれた配置になっており、かつては一つの国家として成立する程の地域となっていました。

商業や工業が盛んに行われていましたので、観光にも積極的に力を入れており、観光にはとても適した環境になっています。

大きな都市のように派手な賑わいこそありませんが、日ごろの生活に荒みを感じているのであれば、この地域のように落ち着いた雰囲気の中で、西洋の文化を感じることができるということが、大きな魅力となっています。必ずしも、観光地で盛り上がりたいという人ばかりではないので、こういったシックな雰囲気がある場所には歴史を感じさせる深い意味があるのです。日本では見られないその建築物を眺められる場所になっています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国