ロシア世界遺産

ノヴォデヴィチ修道院の建造物群

ロシアの世界遺産の中の一つとして、ノヴォデヴィチ修道院の建造物群が登録されています。
ノヴォデヴィチ修道院の建造物群がロシアの世界遺産に登録された背景には、建築物でありながら、芸術品とまで称されたそのデザインも含めた技術の高さが評価されたことにあります。

ノヴォデヴィチ修道院の建造物群を見てみると、デザインに彩りを感じることができ、他の修道院に比べるとアート的な要素を多く含んでいるということが言えます。

そのため、とても建築物としてだけでなく、見た目を重視した造りになっているのがノヴォデヴィチ修道院の建造物群の特徴の一つです。その理由として、ノヴォデヴィチ修道院の建造物群が女性を中心とした活動が行われていたことが挙げられます。

デザインを重視する考え方といえば、どちらかといえば女性的になってきます。男性はデザインよりも機能性を重視する傾向にありますので、修道院の多くはシンプルなデザインとなっていることが多い傾向にあるのです。

修道院周辺には教会がいくつも点在していますので、教会巡りもすることも可能です。また、墓地が隣接されており、多くの名をはせた人々の名前が並んでいます。女性修道院というだけあって女性の名前が並び、その栄光をたたえられているのです。

建築物に目を向けると、一見修道院とは思えない程カラフルになっています。女性が利用しやすいということもあり、観光の際は女性には大いに楽しんでいける環境になっています。

建築物の技術も高く、かつては避難場所としても利用されたこともあり、しっかりとした造りになっています。入場券を買えば中への入場も可能です。歴史的な建造物を眺めるだけでなく、実際に中の状態をその目で確かめることができるのです。日本語ガイドによる丁寧な説明をうけながらの観光であれば、より楽しみを倍増させることができます。

この周辺については、世界遺産が数多く存在しますので、平行していろいろな建築物を回ることも可能になっています。赤の広場であればルート的にもスムーズな観光が可能ですので、地理的な要素としても大きなメリットがあるということが言えます。

観光に求めるものは人それぞれですが、この修道院は他の修道院よりもデザイン性も含まれていますので、満足度は2倍といっても過言ではないのです。構造的にもデザイン的にも楽しむことができれば、それ以上の観光の醍醐味というのは存在せず、十分な観光をすることができます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国