ロシア世界遺産

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群

ロシアのデルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群は世界遺産に登録されています。
ロシアのデルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群が世界遺産に登録されたのは、2003年とごく最近の話になっています。デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群はロシアの最南端に位置づけられています。

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群の特徴として、その斜面になっている土地にあります。デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群は山地に設置されており、斜めになっている場所へ並べられたその光景はとても斬新なものになっています。

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群では、今でもなお城壁や監視台が残されています。城壁は2重の構造になっており、この城壁によってどれだけの人が守られたかを考えると力強さすら感じることができます。
そんなこの城壁は広きに渡り設置され、世界遺産として登録されている範囲としてはこの城壁の中の範囲となっています。そのため、訪れる際にはとてもわかりやすいというメリットがあります。

城壁によってそれが区切られているというわけです。この地は戦略においてとても中心的な場所になっていた歴史があります。そのため、これほどまでに2重の城壁や軍事的施設が多く存在するのです。当時の施設は今でもしっかり残されており、観光の大きな目玉となっています。

その一つ一つに当時の様子がうかがえますので、軍事施設が好きな人にとっては魅力あふれる施設になっているのです。また、移動の中心地としても栄えることになりました。そもそも移動に効率がいいということもあり、軍事的な利用へのメリットも見いだせることができたのです。動きやすい場所であるということは同時にいろいろなメリットを生み出してくれるのです。

移動に便利であるということで、メリットが多い反面、デメリットも存在します。人々にとっては争いやすい場所であるともいえますので、民族同士の衝突が起こることもしばしばあったのです。もともとは閉じられた門という意味からくるデルベントは、その門を開くことになったのです。宗教も盛んに行われており、キリスト教の普及もあった背景があります。

そのため、教会も多く見ることができるのも観光のメリットになってきます。全体像としては、軍事施設が高い評価を受け、それが今もなおしっかりした状態で残されている点が世界的に高い評価を得ています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国