ロシア世界遺産

セルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群

ロシア正教会にとってもっとも重要な修道院がある地域がロシアにあり、世界遺産にも登録されているセルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群です。

セルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群がロシアの世界遺産に登録された背景には、ロシア教会の優品とされているということがあげられ、とても質の高いつくりになっているのです。

セルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群は、修道院の中でも特に位の高い修道院という位置づけになっています。だからこそ、セルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群には高い技術が投入され、今の状態が保たれているのです。セルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群は幾度となく修復が図られたように、その状態維持に余念がない建築物になっていいます。

そのため、セルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群が保存にもとても力を入れられた程、大切にされていたのです。それほどまでに建築から現在に至るまで多くの技術が盛り込まれたこのセルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群は一度は見ておきたいところです。

修道院というのは、もともとキリスト教を主体とする修道士が共同で生活を行う場所として位置づけられています。そのため、この地で衣食住が行われていたことになります。その歴史はとても長く、多くの修道士がこの地に足を運んだことになります。

このセルギエフ・パサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺産群を中心に、ロシア正教は発展、成長を遂げることを可能にしてきました。その過去には多くの有能な修道士が存在し、この大修道院に埋葬されている人も多く存在するのです。息を引き取ってもなお、その存在を崇拝され、永きにわたって参拝者が後を絶たないのは、修道士の絆すら感じることができます。類似する宗教としては、長崎県を中心に信仰の近い宗教が今もなお日本でも残っています。

そのため、この大修道院を一度は目にしようという人も少なくはありません。大修道院に値するこの建築物は、宗教に関係なくしても魅力の大きいものであるということも同時に言えます。高度な建築物を一度は見てみるのも有意義であるということは保障されます。それほどまでに手を加えられた建築物となっているのです。その一部一部すべてを確認することができます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国