ロシア世界遺産

ウランゲル島保護区の自然体系

幻の島とまで言われたロシアのウランゲル島保護区の自然体系は、世界遺産に登録されていると同時に、かつてはその地に一度は訪れようと探索に向かうも、志半ばで断念してしまったという過去があるほどの場所です。

ウランゲル島保護区の自然体系は、ロシアの北部に位置し、マンモスが生息していたという研究結果が出されていたこともあり、世界遺産として登録されるまでに至っています。マンモスに関する研究や調査が、ウランゲル島保護区の自然体系で積極的に行われています。

ウランゲル島保護区の自然体系は世界最後のマンモスの生息地域とされていて、よりマンモスの生態をはじきだすためにその研究に余念がない場所にもなっています。ウランゲル島保護区の自然体系は氷河期の時代が長く、マンモスの生息にはとても適した環境であったとされています。

以前までは当時の住民によって絶滅させられたという説が濃厚でしたが、近年その情報が塗り替えられようとしています。ウランゲル島保護区の自然体系を調べてみると、人類が生息するよりも前の段階でマンモスの絶滅が確認されました。そのため、人間の力による絶滅はありえないということになったのです。つまり、病気やなんらかのウイルスが発生し、ウランゲル島保護区の自然体系に住んでいたマンモスへの感染があったがために絶滅をしたのではないかという説が浮上したのです。

なにはともあれ、この地でマンモスが住んでいたという事実はゆるぎなく、とても歴史深い地域であるということが言えます。

ほかにもこの町ではアライグマやホッキョクグマが生息しており、とても自然豊かな地域になっています。実際に生息していたとされるマンモスは、比較的小さいサイズのものであったという研究が発表されています。

寒い地域に住む生物は、外気との接触面積を減らすためにコンパクトに仕上がっているケースが多く存在します。このマンモスについてもしかりで、小さな目であったことはほぼ間違いないとされています。とはいえそもそもの大きさが他の動物に比べて大きいものであるため、その権威は小さくしてもなお健在であったことは間違いありません。

実際に生活していくには現在でこそ可能ですが、かつては生活が難しいとされていた経緯もあり、とても自然が豊かで珍しい生き物も多数生息しています。そんな自然を楽しむにはとてもメリットを見出すことができる場所です。寒い場所が平気なのであれば一度足を運ぶ価値がある地域です。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国