ロシア世界遺産

ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群

ロシアのウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群は世界遺産に登録されている程、有名な建築物になっています。その構造は大理石が使用されるという、とても高価な建物になっています。大理石というだけでもとても高価なイメージがありますが、外観もとても高貴さを漂わせており、魅力的な印象を受けます。

このウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群には、ロシアでも有数の記念碑的構造物が立ち並び、その数は8つを持ち合わせています。大聖堂から修道院などが含まれ、世界遺産として登録されるほどの浮彫などが施されています。

ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群の歴史をひも解いてみると、モンゴルから侵入を許してしまった経緯があります。ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群には、城壁が設置され、敵からの侵入を防ぐという役割を持ったものもいくつかあります。

しかし、その役目を果たしきることなく、モンゴルによって破壊された城壁や建造物が多く存在するのです。今あるウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群の建築物は、そのモンゴルからの侵略を経て、残っている貴重な建築物になっているのです。破壊された背景には、石造りであった点が問題点とされました。

モンゴルからの破壊行為に対して耐えうるだけの強度がなかったこともあり、ロシアにとっては石造り以上の強度が求められるようになっています。ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群の魅力の一つは、その歴史的な建築物の見直しが図られる以前の建物であるという点にもあるのです。建築物の見直しに加えて、それまであった魅力的な建物の一部は、モンゴルの侵入により破壊されて残っていないものも含まれますので、とても貴重な建築物として、世界遺産にその名をとどろかせているのです。そういった背景から、多きな爪痕を残しながらも、必死に耐え抜いた建築物が今もなお残っているというわけです。

ロシアの歴史の中では、この地がしばらくモンゴルの支配下に置かれていた時期がありました。その時期を境に、石造の建築物はその名を潜めてしまったのです。その分、ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群の価値は非常に高いものになっています。国民にとってもとても貴重な建築物になっていますので、とても愛され、そして親しまれているのです。

大きな傷を受けながらも力強く君臨するこの建築物には、生き物以上の魅力とエネルギーを感じることすらできてしまうのです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国