インド世界遺産

ブッダガヤの大菩提寺

インド北東部に位置するブッダガヤに、2002年に世界遺産に登録された『ブッダガヤの大菩提寺』があります。この菩提寺は≪マハーボーディ寺院≫と呼ばれ、仏教の開祖である釈迦が悟りを開いた場所として有名です。その為、仏教の4大聖地のひとつ・入道の地となっています。(その他に、生誕の地ルンビニ・成立の地サールナート・入滅の地クシーナガラがある)

仏教の始まりは約2500年前。現在の世界遺産になっている『ブッダガヤの大菩提寺』のすぐ脇に立っているピッパラ樹の下で座禅を組んだところ、なかなか悟りを開けなかった釈迦が悟りを得て、ブッダ(悟り人)となったと伝えられています。このことからピッパラの樹は「菩提樹」と呼ばれ、釈迦が座禅を組んだ場所は金剛玉座として多くの信仰者が訪れています。

しかしながら、現在残っているこの「菩提樹」は、当時釈迦が悟りを開いたときにあったものではなく、挿し木を他の土地で成長させたものを再びこの地に植えたものです。オリジナルのものは、イスラム勢力による弾圧が行われた際に葬られてしまいました。

そして遠目からでもよく見える≪マハーホーディ寺院≫の主塔は、約53mもの高さを誇ります。古いレンガで建立され、塔の頂部には4方に小塔をもつ「五堂形式」が採用されています。もともと『ブッダガヤの大菩提寺』に、最初から寺院が建立されていたわけではなく、段々と今の形になっていきました。

始まりは紀元前3世紀頃に遡ります。仏教を保護し、インド・アジア大陸をほぼ統一したと言われるアショーカ王によって小さな舎が造られたのです。そこから段々と増築を繰り返し、7世紀頃に現在の大寺院となったのです。

インド仏教は、ヒンドゥー教の浸透やイスラムの弾圧などにより衰退していく事となりますが、この『ブッダガヤの大菩提寺』には今日でもチベット仏教の僧侶たちが修行を行う聖地として残されています。

仏教の始まったブッダガヤの町ですが、実はこの大菩提寺以外にも世界各国の寺院が町に点在しているのです。メインの通りには、中国寺やタイ僧院が。もちろん日本の寺もいくつか存在します。その一つが「正覚山釈迦堂」です。ここには、他でもあまり見る事が出来ない巨大な大仏がある事で知られ、観光客が観光に訪れます。また「印度山日本寺」では、日本人の僧侶が常駐しており、朝と夕方に座禅の講習会を開いています。観光客も参加する事が出来、日本人のみならず欧米の観光客にも人気があります。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国