インド世界遺産

ファテープル・シークリー

インド北西部ウッタル・プラデーシュ州アーグラ近郊に、16世紀に築かれた都の跡が残されています。1986年に世界遺産に登録された『ファテープル・シークリー』です。この都はムガル帝国第3代皇帝のアクバルが築き、イスラムとヒンドゥーの文化を共存させた新しい文化発祥の地となったのです。


『ファテープル・シークリー』を築くきっかけは、そもそもアクバルが子宝に恵まれていなかったことが始まりです。後継ぎが出来なかったアクバルに「子ができる」と予言したのがイスラム教聖者であったサリーム・チシュティー。実際にこの予言の後に後継ぎとなる王子ジャハーンギールが誕生したことにより、サリームが住んでいたこの地に都を遷都したのです。

この『ファテープル・シークリー』は、大きく分けて「宮廷地区」と「モスク地区」の二つです。「モスク地区」は入場料なしで観光する事が出来ます。

「宮廷地区」には、皇帝の住まいなどが残されており、当時のアクバルの権威がわかります。中でも当時の様子が良く分かる建造物が≪ディーワーネ・カース≫と呼ばれる謁見の間です。この部屋の玉座は、謁見者が真上を見上げたところに位置しており、皇帝との身分差がはっきりと表れているのです。

その他にこの地区の見どころとしては、≪パンチ・マハル≫という壁のない建物です。5階建てになっており、納涼や遊戯などに使われていたと考えられています。また≪ジョド・バーイー殿≫も、ペルシア式の中庭を持った建物で、皇帝たちの住まいとした宮殿として使われていたと推測されています。
『ファテープル・シークリー』のもう一方である「モスク地区」には、雄大なモスクを始め、霊廟などがあります。メインのモスクは≪ジャミ・マスジッド≫と呼ばれる金曜モスクで、毎週金曜日になると多くのイスラム教徒が礼拝に訪れます。

≪サリーム・チシュティー廟≫もこの地区に残されており、他の建物よりひと際目立つ白大理石で造られています。周りの建物が赤砂岩で造られているので、とても華やかに見えます。この霊廟は、預言者サリームが眠る廟で、「子宝に恵まれる」と多くの子供を望む巡礼者たちが今日でも訪れています。

≪ブランド・ダルワーザー≫は、巨大な南門のことで、この門も観光名所のひとつになっています。それはこの大きさ。なんと高さが約54mあり、アジアでは最大の大きさだと言われているからです。

世界遺産である『ファテープル・シークリー』は、力でヒンドゥー教徒を抑えず、むしろイスラム教とインドの伝統を徹底的に融和させる事を考え築かれました。この建築様式は他に類を見ず、アクバル式という独自の建築様式を作り上げました。その為に、宮殿内には一切イスラム特有のアーチやドームは使われていないのが特徴のひとつでもあります。

一時期栄えたこの都も、深刻な水不足と猛暑により、わずか14年程しか使われる事がありませんでしたが、宗教の融合の証として今もなお残されているのです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国