インド世界遺産

パッタダカルの寺院群

インド中南部にあるパッタダカルの町には、1987年に世界遺産に登録された『パッタダカルの寺院群』があります。
6~8世紀頃にあったヒンドゥー教国家チャールキヤ王朝が、この地を≪歴代王たちの戴冠式の町≫として定め、いくつかのヒンドゥー教寺院を建立しました。

『パッタダカルの寺院群』には、同じヒンドゥー教寺院でも2種類のものが混合しているのが最大の特徴です。ヒンドゥー教寺院には、造られた地方によって、「北方型」と「南方型」に分けられています。見分けるポイントは塔頂部の造りで、「北方型」は砲弾のような形。「南方型」は段々になっていてピラミッドのような形をしています。

2種類の寺院がここ『パッタダカルの寺院群』で混合しているのは、長年対立していたパッラヴァ王朝に勝利した際、彼らの建築技術に感銘した王がグンダという建築家を始めに、多くのパッラヴァ王朝の石工職人や彫刻家を招き『パッタダカルの寺院群』を建立させた為です。その為に、パッラヴァ王朝の首都・カーンチープラムにある「カイサーサナータ寺院」や「マハーバリプラム」の石造寺院や石彫寺院などの影響を受けています。

世界遺産『パッタダカルの寺院群』の代表的な寺院は、「ヴィルパークシャー寺院」という南方型の寺院です。この寺院は、チャールキヤ王朝ヴィクラマーディチャ2世の妻ローカ・マハーデーヴァが、パッラヴァ王朝との戦いで勝利した記念に建立したものです。破壊と創造の神であるシヴァ神を祀り、壁面にはシヴァ神と悪魔が戦い勝利を収める絵がズラーと彫られています。また、≪ヴァーマナ≫というヒンドゥー教2大神のもうひとりヴィシュヌの第5の化身が大きく足を開き、天界を踏みつけている絵なども観光ポイントとなっています。

この「ヴィルパークシャー寺院」のすぐ後ろにあるのが、「マリカールジュナ寺院」で、同じ理由で第二夫人により建立されました。ほぼ「ヴィルパークシャー寺院」と同じ形の寺院で、少し縮小したような大きさになっています。寺院内部には、ヴィシュヌ神の第8の化身であるクリシュナの幼児期が描かれていたり、ヒンドゥー教神話のひとつ≪乳海かく拌≫の場面が描かれています。このシーンは、神々と魔人が協力して大蛇を引っ張る事で、深海から不老不死の薬がわき出るというストーリーになっています。

その他の寺院で観光スポットになっているのは、「バーバナータ寺院」です。こちらの寺院では、壁面や柱だけではなく天井にまで彫刻が彫られているのが特徴です。主に神話の≪マハーバーラタ≫≪ラーマーヤナ≫のストーリーを描いています。

『パッタダカルの寺院群』は、インドの世界遺産の中でも少しマイナーな観光地ではありますが、インドの王朝の移り変わりにおける文化の融合などを見れる貴重な遺産となっています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国