インド世界遺産

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

元々漁師村だったインド第二の都市ムンバイ。現在では、インド最大の港湾・商業都市として栄えています。このムンバイの発展を促したのが、1888年に完成した『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』です。2004年には世界遺産にも登録された、宮殿の様な豪華な建物となっています。

『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』は、イギリスの植民地時代にインド占領の拠点だったムンバイ(当時・ボンベイ)に造られ、その後インド全土に鉄道を走らせました。その後益々発展し、現在では総線路距離6万kmを超え、インド亜大陸全土に広がっています。

名称も、もともとは「ヴィクトリア・ターミナス」というイギリス王妃の名が付けられていましたが、近年のイギリス領時代排除の波に乗り、現在の『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』に改名されました。しかし名前が長いので、一般的には〈CST〉と略されて呼ばれているようです。

建物の建築様式も独特で、当時イギリスのヴィクトリア・ゴシック建築にインド伝統様式であるドームや尖塔を融合したものとなっており、イギリスの若い建築家であったフレデリック・ウィリアム・スティーヴンスが設計しました。観光は昼間もいいのですが、夜の『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』も見ごたえがあります。キレイにライトアップされていて、その美しさが引きたてられるのです。
現在でも、一日300万人が利用するという世界遺産『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』。都市人口も2千万人を超え、世界第6位となっている大都市のメイン・ステーションでは当たり前かもしれません。その混雑さゆえに面白い文化が発展していました。

あまりの人込みで、通勤する人々はお弁当を持つ事ができません。そこで、弁当を昼食に合わせて自宅から仕事場まで運んでくれるサービスが生まれました。日本では考えられない文化ですよね。

そしてインドでも代表的な駅でもある為、2008年公開ダニー・ボイル監督の「スラムドック・ミリオネア」の撮影でも使われていました。最後のエンディング・シーンで、主役を先頭に大勢でインド独特の踊りを踊るシーンは、この駅で撮られ、とても印象に残る場面になっています。この映画は数々の賞を受賞し、アカデミー賞でも8部門で栄光に輝いた大ヒットでしたが、その陰に『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』の存在があるのです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国