インド世界遺産

サーンチーの仏教建造物群

仏教の開祖である仏陀(釈迦)の遺骨の一部が納められているインドのマディヤ・プラデーシュ州にある『サーンチーの仏教建造物群』では、初期の仏教建築を見る事が出来ます。1989年に世界遺産に登録された『サーンチーの仏教建造物群』は、仏教を布教するのに力を注いだマウリヤ朝のアショーカ王の下、建造が進められました。

世界遺産『サーンチーの仏教建造物群』は、大きく分けると「仏塔(ストゥーパ)」「仏堂」「僧院」の遺跡が残されています。

ここでのメインとなるのは「仏塔(ストゥーパ)」でしょう。そして、仏教建造物で絶対に欠かせない≪仏像≫がここ『サーンチーの仏教建造物群』には存在しません。なぜなら、初期の仏教建築ではストゥーパが仏像の代わりとなっており、当時はまだ仏像という存在がなかった為です。

『サーンチーの仏教建造物群』には全部で3つのストゥーパがあり、その中でも最も大きい≪第一ストゥーパ≫に仏陀の遺骨が納められています。ストゥーパは半円形のドームの様な形をしており、第一ストゥーパは高さ約16m、直径約37mという巨大なものとなっています。元々アショーカ王が建造した当時はこれ程の規模ではなく、レンガを積み上げたもう少し規模の小さなものでした。後のシュンガ・アーンドラ王朝の時代に、現在のような石材で取り囲まれた形と規模になりました。

ストゥーパの周りには、≪トラナ≫と呼ばれる門が東西南北の計4つ建てられています。日本の鳥居の原型とも言われているもので、形もほとんど似ています。トラナには細かく彫刻が施され、それぞれが「仏伝図」などの仏陀関連のお話が描かれています。しかし、仏陀と思われる人物は一切描かれていません。それには理由があり、仏陀は既に人の域を超えた≪超人≫という考えから、「菩提樹」や「仏足跡」などで抽象的に描かれているのです。

第一ストゥーパの隣には、一回り小さくしたような≪第3ストゥーパ≫があります。こちらには、仏陀の10大弟子の「舎利弗」「摩訶目犍連」の二人の遺骨が納められています。ここのトラナは南側のひとつのみ残されています。

仏教を広めたアショーカ王により建造が開始された『サーンチーの仏教建造物群』は、今でも仏教の一大聖地として多くの仏教徒が参拝する地となっています。しかし、実は仏陀はここに訪れた事がないのです。何故この地が一大聖地として敬われているのか。それは、アショーカ王の息子であるマヒンダが、この地から結果的に東南アジア諸国で仏教を広める事に成功した為、インドはもとより近隣諸国の仏教徒にとって、とても重要な聖地として崇められているのです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国