インド世界遺産

カジュラーホの建造物群

インド中部にあるカジュラーホの村には、1986年に世界遺産となった『カジュラーホの建造物群』が立ち並んでいます。ヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院が、現存するものでおよそ20あります。

これら『カジュラーホの建造物群』は、10~12世紀にインド北部で栄えていたチャンデッラ王朝のもと建造され、最盛期では約85の寺院があり、金で覆われていたと言われています。しかし、14世紀頃にイスラム教徒が侵攻。偶像崇拝を嫌う彼らにより、取り壊されてしまい現在の姿となりました。

『カジュラーホの建造物群』が評価された点は、各寺院の外壁に施された彫刻です。全てが細かく隙間がない程無数にあり、同一のものはないと言われています。彫刻には動物や天女・アプサラも描かれていますが、ほとんどが≪ミトゥナ≫という男女が抱き合い性愛を表現している彫刻が施されています。これは、古代インドの三大目的である「カーマ」に当たり、極める事で解脱できると信じられているのです。(他に「アルタ」「ダルマ」がある)

世界遺産『カジュラーホの建造物群』の中で最も知られているのが、西側にある「カンダーリャ・マハーデーヴァ寺院」です。大本堂は高さが約30m近くある巨大なもので、『カジュラーホの建造物群』の中で最大です。そこに拝堂や聖室などの塔があります。全体的に見る事で、入口から大本堂に向かって段々と高くなっていく造りになっており、ヒンドゥー教2大神のひとり・シヴァ神の住むヒマラヤ山脈を表しているといいます。この寺院は、広大な基壇の上にあり、基壇にはシヴァ神の息子であるガネーシャ神(像の頭を持つ)も描かれています。

その他にもいくつか特徴的な寺院があります。「カンダーリャ・マハーデーヴァ寺院」の反対である東側には、ヒンドゥー教の寺院だけでなくジャイナ教の寺院も見る事が出来ます。特に有名なのが「シャーンティナータ寺院」です。世界遺産『カジュラーホの建造物群』では珍しく、外壁には一切彫刻が施されていません。しかし、茶色ばかりの寺院が多い中、この寺院は白い外壁なのでひと際目立ちます。中には約4.5mの巨大な裸体の像や、足元には色彩豊かなタイルが敷き詰められています。
ジャイナ教の寺院としては、他にも「パールシュヴァナータ寺院」や「アーディナータ寺院」などがちょっとした観光スポットになっています。

ここ『カジュラーホの建造物群』では、一風変わった≪性≫を強調した彫刻が特徴的で、他所のヒンドゥー教寺院では見られないものを見る事が出来ます。これも、≪カーマ≫を従順に信仰していたチャンデッラ王朝の心得が生み出したものであり、当時の宗教に対する考え方がはっきりと伝わってくる貴重な建造物群なのです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国