インド世界遺産

エローラ石窟群

インドのデカン高原・エローラの岩山に、インド三大石窟のひとつに数えられている『エローラ石窟群』が広がっています。この『エローラ石窟群』は約2kmに渡り、計34の石窟が残されています。

これらの石窟は全て同じ宗教のものではなく、古代宗教・ジャイナ教、仏教、ヒンドゥー教というインド歴代の宗教のそれぞれの寺院などが密集している珍しいものとなっています。その貴重さや、各寺院の建築技術の高さなどが評価され、1983年に世界遺産に認められました。

まず『エローラ石窟群』の南側、第1~12窟は仏教の石窟があります。5~8世紀にかけて造られたと考えられています。仏教窟は大きく分けて、僧侶の住居・学び部屋・瞑想室などの≪ヴィハーラ窟≫と寺院の役割のある≪チャティヤ窟≫に分けられ、第10窟以外はすべて≪ヴィハーラ窟≫となっています。見どころはやはり第10窟で、「ストゥーパ」と呼ばれている仏塔の前に、釈迦である仏像が堂々と座っています。天井は、柱が何本もあり、まるで肋骨のように見えます。ここにいると、何かに食べられてしまったかのような不思議な気持ちになります。2階建ての吹き抜けの構造となっており、上がる事も出来ます。

『エローラ石窟群』の北側には、ジャイナ教の石窟があります。9世紀頃に造られたもので、もともとシンプルな造りのものが多い宗教ですが、ここでは一部彫刻などが残されておりヒンドゥー教の影響を受けていると考えられています。

ヒンドゥー教の石窟群は『エローラ石窟群』の中央一帯、第13~29窟にあります。ここには最も有名で巨大な、第16窟「カイラーサ・ナータ寺院」を含み、特に観光客の多いゾーンでもあります。

「カイラーサ・ナータ寺院」は、世界最高の石造建築と言われている程見ごたえのあるもので、高さ約32m,底面は85m×50mという大きさ。そして目を見張るほどのとても細かく繊細な彫刻で覆われています。この寺院のすごい所は、巨大な一枚岩を上からくり抜いて造られているというところ。細かな神々を描いた彫刻なども、ノミとカナヅチで彫り進めているのです。レリーフは、ヒンドゥー教の神話をもとに描かれており、主に「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」に出てくるシーンを再現しています。中でも≪舞踏王ナタラージャ≫と呼ばれている、ヒンドゥー教2大神のひとり・シヴァ神が踊っている彫りものが有名。他にも、シヴァ神とパールバティの結婚式を描いたものやカイラーサ山を揺らす魔王ラーヴァナを描いたものなど多く残されています。
ヒンドゥー教ゾーンの他の見どころとしては、第15窟の「ダシャーヴァターラ窟」で描かれているヒンドゥー教2大神のもうひとりヴィシュヌの10の化身。第29窟「ドゥマル・レナ窟」の神々の彫刻。第21窟で描かれている、女神ドゥルガー(パールバティが戦いの神になった時の名称)と魔王マヒシャの戦いなど、数えきれない名画ばかりです。

『エローラ石窟群』は、3つの宗教の共存の場として珍しく、それぞれの洞窟や寺院の像やレリーフが他所のものよりも一段とすばらしいことなどから世界遺産となり、多くの観光客が日々感銘を受けています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国