インド世界遺産

エレファンタ石窟群

インド西部、ムンバイから約10km沖に浮かぶエレファンタ島という小島に、1987年に世界遺産となった『エレファンタ石窟群』があります。島にある、高さ約200m程の岩山の頂上あたりに、5~8世紀頃ここで修行をしていたヒンドゥー教僧侶たちによって造られました。

エレファンタ島には船で行く事ができ、海に向けて開かれている「インド門」という珍しい門も見る事が出来ます。

『エレファンタ石窟群』は全部で7つの石窟寺院が残されていますが、保存状態のよいものは第1窟の一か所のみです。その他は、17世紀頃に上陸したポルトガル人たちの銃の練習などにより破壊されてしまったようです。

その第1窟の見どころは、多数の岩壁彫刻です。この岩窟寺院は、ヒンドゥー教においての2大神の一人であるシヴァ神を祀っている為、ほとんどの彫刻はシヴァ神を描いています。中でもここ『エレファンタ石窟群』には、ヒンドゥー教彫刻最高傑作とも言われている「3つの顔を持つシヴァ神」の胸像があります。高さ約5.5mという大きさで、第1窟の最奥の壁に彫られています。これは、シヴァ神が破壊と創造の神であることを表しています。ヒンドゥー教では、死後の世界のような終末思想がなく、代わりに全てのものは、破壊と創造を繰り返すと考えられているのです。向かって左の顔は≪破壊≫を、右の顔は≪想像≫を、そして中央が≪維持・調和≫を表しています。シヴァ神が、多神教であるヒンドゥー教においてどれほど重要な神樣なのかがしっかり伝わってくる寺院となっているのです。

この壁画以外でも有名なものがいくつか残されています。「3つの顔を持つシヴァ神」の横には、「半男半女」の壁画が。向かって右半身はシヴァ神で、左半身はシヴァ神の妻パールバティを表しているようです。また『エレファンタ石窟群』の第1窟には、3つの入り口があり、北側の入り口には「踊るシヴァ神」(ナタラージャ)が描かれています。
壁画以外には、シヴァ神の象徴である「リンガ」を祀った、四角い小部屋の様なものがあります。入り口には「ドゥヴァラパーラ」という守護神が立っている珍しいものとなっています。

この『エレファンタ石窟群』ですが、同じインドの世界遺産である『エローラ石窟群』のヒンドゥー教寺院の一部にとっても似ていることでも知られています。どちらもハッキリとした建造時期が不明な為、どちらが先に出来たのかは分かりませんが、影響し合っていることは確かです。観光する際には、この二か所を見比べるのも面白いのでオススメです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国