メキシコ世界遺産

ソチカルコの考古遺跡地帯

メキシコの世界遺産として、「ソチカルコの考古遺跡地帯」を外すことはできないでしょう。メキシコ、モレーロス州にある、クエロナバカの丘陵地帯にある城塞都市です。クエロナバカから、南へ約35キロ程のところにあるので、バスか車をチャーターして向かうといいでしょう。

トルテカ文明の政治、宗教、商業の中心地として栄えた考古遺跡群になります。「ソチカルコの考古遺跡地帯」の中で特筆すべきは、ケツァルコアトルという、神殿の壁面の神官、羽毛のある蛇です。また石に刻まれた彫刻、そして宗教儀式が行われた球戯場の壁の装飾にはかなり個性があり、他の歴史遺産とは異なる特徴を見つけることができ、また保存状態もかなりいいので、考古学、歴史好きの方にはおすすめの考古遺跡です。

世界遺産も様々な種類がありますが、「ソチカルコの考古遺跡地帯」は、もともと花々の館を意味します。ユカタン半島で栄えたマヤ文明ですが、このソチカルコはメキシコ中部に位置しており、その部分でもかなり珍しい遺跡なのです。
マヤのレリーフなどの詳細をこの遺跡で堪能することができます。時代的には起源700年から900年程の遺跡です。

「ソチカルコの考古遺跡地帯」だけではなく、メキシコにある考古遺跡は、それぞれがかなり個性があって、一つの文明、民族、文化とは括りきれない程バラエティに富んでいます。だからこそ、すべての遺跡を網羅したくなってしまいますね。

「ソチカルコの考古遺跡地帯」は、そこに訪問するだけでわくわくする発見が沢山あります。今流行のマヤ歴だけではなく、パワースポットとしての価値も見いだせるかもしれませんね。歴史やコロニアル地区だけではない、メキシコの魅力と、突出した歴史、考古遺跡の数々。

もちろんメキシコは世界有数のリゾート地でもある訳ですが、街よし、ビーチよし、歴史遺産もあり、その上食べ物がおいしくてお土産もバラエティがある、しかも物価が安いという良いところ、観光名所が沢山ある魅力的な国であるのはだれもが同意するでしょう。

メキシコは、治安の悪い地域に立ち寄ることがなければ、安心して旅程を楽しむことができます。また、最初に旅程を決めておいて、旅行のプランをスムーズにこなすことができればより効果的にメキシコの観光名所を巡ることができるでしょう。日本との時差や飛行機の時間を考えて、なるべく無理のないスケジュールをたてることも大事です。殆どの都市が高地にある関係上、体調管理には気をつけるようにしてください。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国