メキシコ世界遺産

グアナフアト歴史地区と鉱山

世界遺産、歴史遺産の中でも、鉱山が登録されている場所はそう多くはないと思います。このメキシコにある「グアナフアト歴史地区と鉱山」は、スペイン植民地時代の名残のコロニアル風建築を観光として楽しめる他、グアナフアトの豊かな「銀山」を見ることができます。18世紀には、この銀山の産出する銀が、世界の銀生産の4分の1を占めていたこともあるくらいだそうです。

街の行事として、10月に行なわれる、国際セルバンテス祭など観光の目玉もあり、きっと訪問して後悔のない場所だと思います。もちろんこの「グアナフアト歴史地区」も約標高2000メートル程の高地にあるのは、メキシコならお約束のようなものです。標高が高いだけに、朝晩は冷えるので気をつけないといけません。メキシコは暑いばかりではなく、とくに自然遺産がある所は、気候の変動が激しいです。

古くから洪水が多発した地区のせいか、地下の道路網の整備がされ、いまは地下の道路網がこのグアナフアトの特徴といえるくらいです。もともと銀山の坑道として使われていたものを道路に整備したものもあるそうです。そして、この「グアナフアト歴史地区と銀山」の世界遺産がなぜセットになっているかと言うと、この街の建築物の豪華さ、またときに過剰な程の装飾が見られるのは、銀の特需で潤った鉱山主がきそって豪邸を建て、その上協会にも莫大な寄進を行なったからです。バレンシアーナ聖堂などは、その歴史的なごりを今に伝えています。メキシコにあるコロニアル地区のなかで、もっとも美しい建物が並ぶ都市としてこの「グアナフアト歴史地区と銀山」は賞賛されることが多いです。

また、メキシコの歴史上、重要な位置を占める街でもあります。メキシコ独立戦争で、反乱軍が初めて勝利したのがここ、グアナフアトだったのです。いまはグアナフアト大学など、学問中心の学芸都市としての側面をもつグアナフアトですが、メキシコの歴史上、欠かすことができない役割を昔も今も担っているのです。歴史的佇まいと、大学都市の伝統がこの街には息づいています。銀鉱山の栄えがなくなったいまも、上手に都市としての役割の転換をはかり、見事に観光、大学の街として世界的に有名なのも、この「グアナフアト歴史地区と銀山」の強みともいえるのではないでしょうか。小高い丘の上からみたこの街の景観は、かなり洗練されていて、それだけでどこかヨーロッパの古都を思わせる佇まいなのです。世界遺産として登録されるのもしかりです。街の行事として、10月に行なわれる、国際セルバンテス祭など観光の目玉もあり、きっと訪問して後悔のない場所だと思います。もちろんこの「グアナフアト歴史地区」も約標高2000メートル程の高地にあるのは、メキシコならお約束のようなものです。標高が高いだけに、朝晩は冷えるので気をつけないといけません。メキシコは暑いばかりではなく、とくに自然遺産がある所は、気候の変動が激しいです。

古くから洪水が多発した地区のせいか、地下の道路網の整備がされ、いまは地下の道路網がこのグアナフアトの特徴といえるくらいです。もともと銀山の坑道として使われていたものを道路に整備したものもあるそうです。そして、この「グアナフアト歴史地区と銀山」の世界遺産がなぜセットになっているかと言うと、この街の建築物の豪華さ、またときに過剰な程の装飾が見られるのは、銀の特需で潤った鉱山主がきそって豪邸を建て、その上協会にも莫大な寄進を行なったからです。バレンシアーナ聖堂などは、その歴史的なごりを今に伝えています。メキシコにあるコロニアル地区のなかで、もっとも美しい建物が並ぶ都市としてこの「グアナフアト歴史地区と銀山」は賞賛されることが多いです。

また、メキシコの歴史上、重要な位置を占める街でもあります。メキシコ独立戦争で、反乱軍が初めて勝利したのがここ、グアナフアトだったのです。いまはグアナフアト大学など、学問中心の学芸都市としての側面をもつグアナフアトですが、メキシコの歴史上、欠かすことができない役割を昔も今も担っているのです。歴史的佇まいと、大学都市の伝統がこの街には息づいています。銀鉱山の栄えがなくなったいまも、上手に都市としての役割の転換をはかり、見事に観光、大学の街として世界的に有名なのも、この「グアナフアト歴史地区と銀山」の強みともいえるのではないでしょうか。小高い丘の上からみたこの街の景観は、かなり洗練されていて、それだけでどこかヨーロッパの古都を思わせる佇まいなのです。世界遺産として登録されるのもしかりです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国