ドイツ世界遺産

アーヘン大聖堂

ドイツで最初の世界遺産登録、そしてヨーロッパで最初の3大世界遺産の一つとして1978年に登録されたのが、アーヘン大聖堂です。別名「皇帝の大聖堂」と呼ばれるこの聖堂は北ヨーロッパで最古の大聖堂といわれています。

アーヘン大聖堂は786年にカール大帝の命によって建設されました。当時は宮殿教会の部分の建設でしたが、814年に没したカール大帝はこの宮殿教会に埋葬され、今もここに眠っています。

当時としてはヨーロッパ最大規模のドーム建築の教会で、古典主義様式、ビザンティン様式、ゲルマン様式などさまざまな様式の建築法が使われました。八角形のドームを中心とするこの大聖堂はまた10世紀から16世紀にかけて、神聖ローマ帝国の30人の皇帝の戴冠式が行われた場所としても有名です。ドーム状の建物内部に10世紀ごろに作られた皇帝の玉座が置かれています。戴冠式はこの場所で行われたと言われています。

特徴である八角形のドームにもカール大帝の隠れた意図を見出すことができます。8はキリスト教で復活を表す数字です。そして、八角形は円の中で四角形を組み合わせることによってできています。 円は永遠の神を、四角は私たちが生きるこの世界を意味していると考えられます。一説では、カール大帝は神の世界と私たちの生きる世界の融合をアーヘン大聖堂で表していたのではないかといわれています。

現在アーヘン市庁舎として一部が残されているのは、カール大帝の宮殿であったところで、当時は長い廊下で宮殿と大聖堂がつながっていたとも言われており、そこにもカール大帝が神の世界との融合を自分の権力の象徴としていたことがうかがえます。

15世紀初めにカール大帝没後600年を記念して、ガラス窓の面積を多くとった通称「ガラスの家」といわれる部分が増築され、記念式典が行われました。11世紀初めには、カール大帝の霊安室が初めて開かれましたが、遺体は玉座に座り、皇帝のローブを身にまとい、頭には戴冠、膝には福音書という非常に珍しい状態で保存されていたそうです。同じ場所にアウグストゥスの遺骨もあったことが、12世紀に発見されています。

アーヘン大聖堂の宝物館には歴代の傑作が数多く展示されており、ヨーロッパでもっとも重要な宝物館の一つとして数えられています。宝物館には、カール大帝の黄金の胸像をはじめとするカール大帝関連のものから、中世の金細工の中で最も価値のあるものといわれているロータルの十字架など歴史的に美術的にも大変価値のあるものが展示されています。

大聖堂の祭壇は素晴らしいステンドグラスで装飾されており、優しい光が聖堂内を照らしています。祭壇には、キリストや時の聖人たちの聖遺物が展示されており、信仰に生きる人々の奇跡を信じる魂を今も癒しています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国