フランス世界遺産

フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

フランスには、スペイン・ガリシア県のサンティアゴ・デ・コンポステーラに巡礼に行くための巡礼路が4つあります。サンティアゴ・デ・コンポステーラには、12使徒の最初の殉教者、聖ヤコブ(スペイン語で「サンティアゴ」)が眠る墓があり、その墓の上には聖堂が建立されているのです。サンティアゴ・デ・コンポステーラに至るフランスの4つの巡礼路とその道中にある歴史的建造物群は、1998年に「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」という名称で、世界遺産に登録されました。

「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」は、エルサレム、ローマと並び、「キリスト教の世界三大巡礼地」の一つに挙げられています。

聖ヤコブはキリストの死後、スペインで布教活動を行っていました。そのため、ヤコブとスペインは非常に深い関わりを持つようになりました。サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼が始まったのは、9世紀のことです。そして、11世紀~12世紀には、巡礼者の数はピークに達し、年間約50万人もの巡礼者が、サンティアゴ・デ・コンポステーラの地を訪れたといいます。フランスはスペインと国境を接し、北ヨーロッパや東ヨーロッパの巡礼者が必ず通る行程にありました。その中で、主に4つの巡礼路には、キリスト教に纏わる聖堂が多くあり、必然的に巡礼者が集まるようになったのです。こうしてフランスは、ヨーロッパの巡礼者が必ず通る巡礼路を多く有する国になったのです。

フランスはまた、ローマ・カトリックの強い影響下にあったことで、多くの聖堂が生まれました。その中の幾つか、例えば、アミアンにある「アミアン大聖堂」や、ヴェズレーにある「サント・マドレーヌ聖堂」は、それぞれ単独でも世界遺産に登録されており、巡礼路にはこのような、単独で世界遺産に登録されている聖堂が幾つもあります。そして巡礼者たちは、サンティアゴ・デ・コンポステーラに至るまでに、各地の聖堂に立ち寄り、祈りを捧げて次の道を進むのです。

「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」は、4つの巡礼路で構成されています。パリの南にあるオルレアンからスペインに向かう「トゥールの道」、ヴェズレーからリモージュを経由してスペインに入る「リモージュの道」、ル・ピュイからスペインに至る「ル・ピュイの道」、そしてアルルからトゥールーズを経由してスペインに至る「トゥールーズの道」です。どの道のりも1,000km以上ありますが、中世の人々は、それぞれの思いを胸に、道中で病に侵されようと盗賊の被害で一文無しになろうと、ひたすらサンティアゴ・デ・コンポステーラに向かって歩き続けたといいます。

現在では、巡礼路に沿って最初から最後まで歩く、という巡礼者は殆どいなくなりました。しかし、これらの巡礼路を、時間の許す限り歩き続ける信仰の厚いキリスト教徒は今でも多くいて、それぞれがそれぞれの形で巡礼の道を歩き続けています。そこには、巡礼路の持つ偉大な歴史遺産の重み以上に、人々の残す足跡の重みが多く刻まれているといえます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国