中国世界遺産

黄龍風景区(黄龍の景観と歴史地域)

中国南部では、「カルスト地形」が多く見られます。カルスト地形から形成された地域の中で、四川省アバ・チベット族チャン族自治州松藩県にある渓谷「黄龍」は、観光客に人気のある一大スポットです。黄龍は、1992年に「黄龍の景観と歴史地域」として世界遺産に登録されました。

黄龍におけるカルストは、多種多様な色彩を放つ水の色、またその水を蓄える池が3,400もあることが最大の特徴です。その神々しく輝かしい水は、古くからチベットの人々の心に潤いを与え、「人間瑤地」として称えられてきました。黄龍はまた、レッサーパンダやジャイアントパンダ、糸金猴などの絶滅危惧種が多数生息していることから、ユネスコの「生物圏保護区」にも指定されています。

「カルスト地形」とは、枯葉や枯枝が堆積してできた石灰岩が、雨水や地下水に侵食されて造られた地形のことです。これらでできた、樹氷のような地形の層のことを「石灰華」といい、黄龍では、石灰華が作り出す棚畑状の層にできた池がいたるところで見られます。このような地形は、何億年もかけて築かれたものです。実際に黄龍のある地域は、3億~4億年前迄は海底にあったといわれています。そこに枯葉や枯枝、更にサンゴなどが堆積してできた石灰岩がカルスト地形を築き始め、黄龍の地が隆起しました。こうして、長い年月の末に見事な棚畑状の層を作り出し、そこに水が溜まり始めたのです。その中で、「黄龍風景区」として整備されているのは、岷山山脈の麓にある「迎賓彩池」(標高:高3,199m)の地点から、頂上にある「五彩池」(標高:3,553m)までの約3.7kmです。

「黄龍風景区」にある湖・池は、水に溶解する成分の細かい差で、違った色彩を見せているのが大きな特徴です。「水=蒼い」というイメージが先行しますが、黄龍の水は、角度や光加減などによって、黄色にもオレンジにも見えます。水そのものは透明なのに、そこに自然的要因が何重にも重なって、全く違う色に見えてくるのです。その光景は、同じく世界遺産に指定されている、アメリカの「イエローストーン国立公園」にある湖畔の風景とよく似ているといわれています。中国とアメリカで似たような光景が見られるというのも何だか不思議な話ですが、実際にカルスト地形は、中国だけでなく、世界各地で見られます。黄龍の池は、主にその淵が黄色い堆積岩でできていますが、その中にある水の色が常に変化を遂げているので、池の外側と内側の色の違いやコントラストがまた黄龍独特の神秘的景観を形成しています。この地に来て、その美しさに心を打たれない人は、恐らくいないでしょう。

「黄龍風景区」の観光ベストシーズンは、春から夏にかけてです。この地域は、一番低いところでも標高3,000mを越えているので、一年中気温が低く、日本人が冬に観光をするには厳しい場所です。しかし実は、冬の景色こそが、年間を通じて最も美しい、という人は多くいます。冬には池が雪化粧をし、透明で鮮やかな水にうっすら雪が乗るその景色は、この世のものとは思えないほど感動的なのです。

季節がよく、ハイキングに適した時期に池を回るのも、準備を整えて冬に思い切って行ってみるのも、どちらもオススメできます。そして黄龍は間違いなく、誰にとっても忘れられない景色を見せてくれるでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国