中国世界遺産

万里の長城

中国は素晴らしい世界遺産、自然遺産に恵まれた地域です。
中でも「万里の長城」は、アジアに限らず世界各国から観光客が訪れる絶好の観光スポットになっています。
しかし、いざ万里の長城へ行こうと思っても、「どうやって観光するの?」と首を傾げてしまう人が多いのではないでしょうか。

という訳でこの記事の中では世界有数の世界遺産、万里の長城の観光の仕方をざっくりレクチャーしようと思います。

まず、万里の長城がどこにあるのかというと、中国北部エリアに属する「北京」にあります。

なぜ北部にあるかというと、これにはキチンとした理由があります。

この世界遺産はもともと北からの侵入を防ぐ為に造られた外壁であり、騎馬隊の攻撃を完全封鎖する為の巨城として機能していた建造物でした。

その大部分は明代という時代に完成したのですが、その後も工事が続いたり補修されたりと長期に渡って築造が続いていきます。

そして現在のような姿となったのですが、あまりにも長い為、端から端まで横断するのはまず無理です。

この世界遺産に行こうと考える人の多くは、そこまで巨大であるとは知らず「よし、じゃあ端から端まで横断しよう」などと考えがちであるようなのですが、基本的には「要所要所にある見学ポイントの中から横断したい場所を選ぶ」という形式になっているので、「断片的に横断する」ということになります。

北京からスムーズにアクセスできる「八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)」という世界遺産が最も利用しやすいので、初めてでどうすればいいか分からないという場合は、とりあえずこの八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)を選んでおけば間違いありません。

八達嶺長城は数あるポイントの中で最も観光客が集まるポイントなので、安心して渡れる筈です。

しかし、この八達嶺長城を渡るのであれば、気をつけなければならないポイントが三つあります。

一つ目は水を用意しておくこと、二つ目は男坂と女坂の選択ミスをしないこと、三つ目は動きやすい服装で参加するということです。

一つ目と三つ目は当たり前かもしれませんが、二つ目は意外と失敗しやすいポイントなのでしっかり確認しておきましょう。

どういうことかというと、八達嶺長城に用意された男坂と女坂は標高に大きな差があり、どうしても男坂の方から見える世界遺産の方が美しく荘厳なのです。

女坂を選んでしまうとそういった景色はまず観られないので、「ちょっと辛くてもいいから、美しい景観を眺めたい」という女性は頑張って男坂に挑戦してみましょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国