中国世界遺産

承徳避暑山荘と外八廟

「承徳の避暑山荘と外八廟」は、中国皇室の中でも最大規模を誇る庭園で、1994年に、世界遺産に認定されました。首都・北京市から南西へ約200km地点の、河北省承徳市にあります。

「承徳の避暑山荘と外八廟」は、「避暑山荘」と、その東北側の山麗にある「外八廟」からなり、外八廟は、「溥仁寺」「普楽寺」「安遠廟」「普寧寺」「普祐寺」「須弥山福寿之廟」「普陀宗乗之廟」「殊像寺」の、8つの寺院からなります。この外八廟と共に「溥善寺」「広縁寺」「広安寺」「羅漢寺」の4つの寺院も世界遺産に登録されました。「承徳の避暑山荘」は、頤和園、拙政園(蘇州)、留園と共に、中国の四大名園の一つとして数えられています。

避暑山荘が着工されたのは、1703年のことです。清代の康熙帝が行幸で藩陽を訪れる際、その途中にある承徳を気に入り、避暑地にする施設を建設し始めました。しかし、建設中に康熙帝は亡くなり、結局完成したのは1790年、乾隆帝の頃です。1790年には、このほかに、外八廟、「乾隆36景」が完成しました。それ以降、避暑山荘は皇帝が藩陽と北京を往来する時に必ず立ち寄る場所になり、一年の半分をここで過ごすことになります。避暑山荘とはいえ、単に避暑のためだけに皇帝がここを訪れていたわけではなく、政務も執り行っていました。ですから、承徳という地名を取って、「承徳の離宮」とも呼ばれています。
避暑山荘は、約10kmの城壁に囲まれています。建物の造りは、意外にシンプルに見えるかもしれません。これは、康熙帝が派手な色彩を好まず、色合い抑えたからです。それが逆に落ち着いた佇まいを演出し、建物の美しさが引き立っています。城壁内周辺は「宮殿区」と呼ばれ、そこには正宮、松鶴斎、万壑松風、東宮の、4つの建物があります。避暑山荘は湖で囲まれているので、そこから舟に乗り、のどかな時間を過ごしながら山荘の景色を眺めるのも素敵です。

避暑山荘と外八廟は、「宮殿区」以外の場所を「苑景区」と呼び、その中を、地形に則って、「湖沼区」「平野区」「山岳区」と区別して呼んでいます。外八廟は、中国の数ある建築物の中でも、異色な存在です。外八廟と呼ばれる寺院群は、チベット仏教保護のために造られました。そのため、チベット建築の影響を色濃く受けており、中国様式とチベット様式を折衷した、独特の雰囲気が醸し出されているのです。

例えば、普陀宗乗之廟は、チベットの中心地にあるポタラ宮をモチーフにして造られ、須弥山福寿之廟は、歴代ダライ・ラマなどが政務を行っていたタシルンポ寺を模して造られています。またチベットの要素を取り入れただけでなく、平野区は、整備される際に、モンゴル高原を真似たと言われています。ですから、外八廟では、多彩な文化様式を見ることができるのです。

中国は国土が大変広く、それ故、この「承徳の避暑山荘と外八廟」のように、異文化とうまく融合してできたものが沢山あります。世界遺産に認定されている所は、そんな中国文化の多様さを代表する所、とも言えるでしょう。中国を旅するなら、代表的な中国建築を有する観光地だけでなく、避暑山荘と外八廟のようなエキゾチックな所を訪れることも、大変魅力的だと思います。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国