中国世界遺産

泰山

中国では、聖なる山々と呼ばれる「五岳」があり、その中でも、最も尊い山とされているのが、泰山です。世界遺産として登録されたのは、1987年のことで、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる、世界複合遺産です。標高は1,545mで、泰安、済南、歴城、長清に跨るような形で存在しています。

泰山が「最も尊い」と呼ばれるのは、そこが中国三大宗教全ての聖地でもあり、特に道教は、泰山で発祥したとも言われています。ですから「泰山=道教の聖地」という呼び方がしばしば使われています。

また、「神の宿る山」と尊ばれていることから、歴代皇帝が泰山を訪れ、儀式を執り行ってきました。皇帝が行う儀式は「封禅」と呼ばれ、自らの皇帝即位の報告や、天下が平和であることに感謝する儀式などが、泰山で行われてきました。現在も、中国国家元首が泰山を訪れる儀礼が存在するようです。

こういったいきさつがあり、泰山は中国一般人にとっても特別な山で、「誰もが一度は登ってみたい山」とまで言われています。また、世界遺産に登録されたこともあり、中国国内だけでなく、その知名度は、一躍世界的なものとなりました。

泰山は、現在では観光客を魅了する中国最大のスポットとして知られています。はるか昔から、三大宗教の僧侶たちは、この山を巡礼し、またこの山で修行をしてきました。

しかし今では、そういった修道士ばかりでなく、観光客用のルートも積極的に開拓され、ホテルも多く造られ、比較的誰もが行きやすい場所として変化を遂げました。しかし、世界遺産として登録されているものは、丁重に守られているので、行ってがっかり、ということはないでしょう。

泰山中腹部までは、車で行くことができます。そこからは、歩道をひたすら歩くか、ロープウェイに乗って一気に山頂を目指すか、選ぶことができます。中腹から山頂にかけて、階段が設けられていますが、その段数は7,000にもなるそうです。

ですから、手軽にロープウェイ、という手段に人気が集まる一方で、「中国史を体感したい」という人たちの間で、ほぼまっすぐ山頂に伸びる階段も、人気が高くなっています。また、階段を登っていると、途中に多くの石碑や社があり、それらを眺めながら一息つくのもいいものです。

またそのほかにも、泰山全体に、数々の彫刻、宮殿跡、宮殿の城楼(やぐら)などの遺跡があちこちにあるので、それらにより多くめぐり合うために、ここは一つ、ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

山頂は、「玉頂」「玉皇頂」など、様々な呼ばれ方がされています。それは、ほかの山々と泰山山頂は、格が違う、という人々のはっきりした思いがあるからでしょう。玉頂には、大唐・玄宗皇帝が封禅を行った際の記念碑が建てられています。また、玉頂からの眺めはまさに絶景、こういった自然が見せるアトラクションもまた、多くの観光客を惹きつける要因になっていることは、間違いありません。

中国の宗教文化を体感するには、まず泰山を目指すべき、といえるでしょう。そして、現在の中国人がどんな思想を持ち、どんな文化を形成してきたのか、それを知る手がかりがつかめるに違いありません。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国