スペイン世界遺産

セビリャの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館

スペインへの世界遺産があるセビリャの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館への旅行を考えている人は多いのではないでしょうか。

情熱の街とも言われているスペインは、セビリャの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館のような世界遺産も多く、見所満載の都市でもあります。
そのため、セビリャの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館を含めて観光客も多い国なのですが、スペインは様々な地方に分類されていますので、一口に「スペイン」と言っても実は様々なのです。

ポルトガルに近いスペインもあれば、フランスに近いスペインもあります。
いずれもスペインではあるのですが、地方によって全く特徴が異なる事もありますので、その点を楽しめるのもスペイン旅行の醍醐味ではあるのですが、セビリャの大聖堂やアルカサル、そしてインディアス古文書館に足を運んでみたいと思っている方もおられるようです。

今挙げた三つ、セビリャの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館全て世界遺産に登録されている事もあり、観光客からの人気もとても高いものとなっています。

やはり観光客からすると有名なものに目が行きやすいのですが、世界遺産に登録されているからという点抜きにしても、セビリャの大聖堂は見所満載です。
中世ヨーロッパらしさを随所に感じる事が出来る建物は、誰もが感動を覚えるのではないでしょうか。
見ているだけで飽きないのがセビリャ大聖堂です。

また、セビリャ大聖堂が大迫力なら、アルカサルは洗練された歴史建造物といった所でしょうか。
スラっとそびえ立つ建物はとても素晴らしい雰囲気で、セビリャ地域を訪れた際には是非とも足を運んでいただきたい場所の一つですね。

そしてインディアス古文書館。
こちらもまた、歴史情緒を感じさせる建物となっていますので、是非とも見ていただきたい場所の一つなのですが、インディアス古文書館はライトアップされますので、夜に足を運んでみるのも良いでしょう。
歴史ある建造物がライトアップされる。

それだけでとても幻想的な雰囲気に包まれますので、スペイン語が読めないから古文書館に行っても意味が無いと思っている人もいるかもしれませんが、建造物を見るだけでも楽しめる事請け合いです。

セビリャを訪れた際にはそれらの地域は是非とも訪れて欲しいものですね。
きっと満足のいく旅行ができるということが保障されているということが言えますので、スペイン旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国