スペイン世界遺産

ラス・メドゥラス

スペインの北西部、カスティーリャ・イ・レオン州のレオンには、古代ローマ帝国が行った大規模砂金採掘跡の赤土の山々『ラス・メドゥラス』が今も残されています。

大きいものだと高さは100mを超え、約3kmに渡りこの奇妙な形をした岩山があちらこちらに残っているのです。この跡地を総称して『ラス・メドゥラス』の名で1997年に世界遺産・文化遺産に認定されました。スペイン語で「不毛の地」という意味合いを持ちます。

もともとローマ人が訪れる前の紀元前4世紀頃から、ここメドゥリオ山では砂金が取れる事が周辺住民は知っており、河川に流れ出てくる砂金を採取し加工していました。砂金は首飾りや耳飾りなどの装飾品に加工され今も見る事が出来ます。

その後の紀元前1世紀半ばにローマ人が入植。砂金は、大規模な砂金採取方法である≪ルイナ・モンティウム≫(ラテン語で「山崩し」の意味)と呼ばれる、当時のローマの水路建造技術を応用した特殊な発掘技術で行われました。

≪ルイナ・モンティウム≫とは、何十kmも離れた水源から水路を作り、メドゥリオ山頂には貯水池を作り、ここへ水を引いてきます。メドゥリオの山には貯水池の他に地下水路も作っておきます。貯水池で貯めた水を一気にこの地下水路へ放出することにより、大量の水と砂金を含んだ土砂が流れ出る事になります。あとは流れ出た水を網などで分類すれば簡単に砂金が採取出来るという仕組みになっているのです。

『ラス・メドゥラス』では、この採掘方法が約250年間行われ続け、合計およそ165万kgの砂金を産出したと推測されています。
このような大胆な採取方法により、奇妙な山の残骸が残っているというわけです。

採取された砂金は、当時の金貨・アウレウスの鋳造に利用されていました。この硬貨は、歴代の流通した金貨の中でも最も純度が高く、約99%が金で出来ていました。しかし、貨幣が変わった事と、『ラス・メドゥラス』が枯渇してきた為、砂金の採取は4世紀頃終わりを迎えました。

この『ラス・メドゥラス』は、周辺に特に何もなく繁栄などしなかった為、今も当時の採掘跡がそのまま残っている事の貴重さと、当時のローマ人の知識の高さなどが評価され世界遺産となったのです。

観光の際は、是非≪オレジャン見晴台≫へ訪れてみてください。行くまでは少々坂などきつく大変ですが、『ラス・メドゥラス』を高い所から一望することが出来ます。
また、観光案内所にはここの歴史などの博物館もあり、採掘方法をわかりやすく模型などを用いて説明されています。

更に言えば、ビジターセンターが村の奥にあり、一日4回ガイドツアーで『ラス・メドゥラス』を回る事が出来ます。『ラス・メドゥラス』のマスコットキャラクター≪メドゥリン≫の人形も、ここビジターセンターで購入できるそうです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国