スペイン世界遺産

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群

スペイン北西部、アストゥリアス地方にあるオビエド。ここは、スペイン王国の原点と言われている街で、1985年にこのオビエドにある6つの建造物が世界遺産に登録されました。それが『オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群』です。

『オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群』の成り立ちは、711年に遡ります。現在のスペインがあるイベリア半島が、この時にウマイヤ朝のイスラム教徒によって占領されていきました。カトリック・キリスト教徒たちは、とうとうオビエドまで追われてしまい、ここにある≪コバドンガの洞窟≫まで追い込まれた時に初めてイスラム教徒たちへ対抗。武将・ペラーヨを筆頭に勝利をおさめます。この洞窟からスペイン王国の領土を取り返す運動・レコンキスタが始まったのです。

ペラーヨによって「アストゥリアス王国」が建国。オビエドが首都となりました。11世紀に入ると領土拡大に伴い「カスティーヤ・イ・レオン王国」と国名が変更され、首都もレオンに遷都されました。「カスティーヤ・イ・レオン王国」は、スペイン・カトリックの大本山≪トレド大聖堂≫があるトレド奪還を成し遂げ、遂に1492年にスペイン全土を取り戻す事が出来ました。約800年にも及ぶとても長い戦いが終わったのです。

9世紀に建造されたのが『オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群』である6つの建造物群。中でも≪サン・ミッゲル・デ・リーリョ聖堂≫≪サンタ・マリア・デル・ナランコ聖堂≫≪サンタ・クリスティーナ・デ・レーナ聖堂≫は特に有名で、これらの聖堂が当時のレコンキスタを起こす人々の原動力になっていたのです。

造りは、後のヨーロッパ聖堂建築・ロマネスク様式の先駆けとなった「プレ・ロマネスク様式」で造られているのが特徴です。一見すると質素で、柱のない単空間となっています。上部に塔のような突出部を備えた西構えという形態になっています。

1998年には、≪カマラ・サンタ・デ・オビエド≫≪サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会≫≪フォンカラダの泉≫が追加で世界遺産に登録され『オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群』となりました。

オビエドの街では、イスラム軍が侵攻してくるのを防いでいた壁が今もあちらこちらに残されています。
小さな洞窟から始まったスペイン王国。現在のスペインの発祥の地が世界遺産『オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群』です。建造物はどれも華やかな外観を持たず、ひっそり佇んでいますが、当時のスペイン・カトリック教徒たちの密かな国土奪還の闘志が伝わってくるようです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国