スペイン世界遺産

アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術

世界遺産のアルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術はスペインカンタブリア地方で発見された旧石器時代の洞窟の1つです。

スペインの世界遺産としても有名で、アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術には、2万2千年前から1万3千年前に人が暮らしていたとされ、色鮮やかな天井壁画が描かれています。

アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術の壁画が最初に発見されたのは1879年で、弁護士であり、アマチュアの考古学者でもあるサウトゥオーラの娘のマリアによって発見されました。しかし、アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術の当時は旧石器時代に絵が描かれていたということが知られておらず、ねつ造と疑われました。

その後、他の洞窟でも同じような壁画が発見されたこと、科学的な検査が発達していったことにより、アルタミラ洞窟の壁画が確かに旧石器時代のものだと確認されました。

アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術の1985年にはアルタミラ洞窟としてユネスコの世界文化遺産に登録され、その後2008年には近くの17か所が追加登録され、登録名がアルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術に変更されました。

アルタミラ洞窟の壁画は、獣脂に黄土、木炭、マンガン酸化物などを溶かしたもので描かれ、その確かなデッサン力や、岩肌のでこぼこを利用したり、ぼかしを使って立体感を表現するなど高い技術が使われています。

描かれているのは野牛、イノシシ、馬、トナカイなどの動物が中心で、鮮やかに、躍動感あふれる絵となっています。アルタミラ洞窟の全長は270mほどで、その中に930以上の壁画が現存していると言われています。その中で入口から30mほどのところにある大広間と呼ばれる部分の天井に描かれている絵が最も魅力的です。もともとアルタミラ洞窟は、落石によって入口が塞がれたことにより、壁画が良好な保存状態を現代まで維持することができていました。

しかし、残念ながらアルタミラ洞窟の壁画や他の洞窟壁画は、外気にさらされたことによる損傷が激しく、現在は非公開となっています。アルタミラ洞窟については、同じ敷地内にレプリカの博物館が作られていて、そこで洞窟壁画のレプリカを見ることができます。それはレプリカですが、本物を忠実に再現しているため、その出来栄えは完璧です。実際に本物に入れないだけあり力を入れたレプリカであるため、本物がどういったものかしることができるというわけです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国