スペイン世界遺産

タラゴナの遺跡群

タラゴナの遺跡群はスペインにある世界遺産になっている都市の名前です。
タラゴナの遺跡群というのは、スペインでは世界遺産にもなっていて有名ですが、日本人だとあまり聞いたことのない世界遺産ではないでしょうか。

しかし、タラゴナの遺跡群はローマ帝国時代の遺跡が多数残っているので、ヨーロッパ圏の方からすれば観光地としてとても有名な場所なんです。
タラゴナの遺跡群にはローマ時代に作られた多くの遺跡が今でも残っているので観光客が毎年多く訪れています。

タラゴナの遺跡群は、タッラコの考古遺跡群として世界遺産にも登録されております。

元々ローマ帝国の町であったタラゴナはローマ帝国でも非常に重要な都市のひとつでした。
戦の場所としても使われていた町ですが、それでも多くの遺跡がきれいに残っています。
当時の人々が、タラゴナの町を大切に使っていたことが見るだけで分かるでしょう。

特に学生の頃世界史を学んだことがある人であれば、資料集などもよく掲載されている水道橋を見ることができるのでおすすめです。

今のような素晴らしい技術が当時はなかったはずですが、それでも繊細な建物を残しているのですから、当時の人たちは本当に努力をしていたんだなということが分かります。

タラゴナはバルセロナから列車で約一時間程度で着くことができるのでスペインに行く際にはぜひ訪れてみてください。
日帰り旅行ももちろん可能ですが、他にも色々な魅力があるので、できればじっくりと見ていってほしいなと思います。

タラゴナ周辺には宿泊施設はたくさんあるので泊まることも可能です。
タラゴナにある遺跡は紀元前3世紀頃に作られたものばかりですから、行くだけでも価値はあると思います。
その頃に生きていた人たちと直接話すことはできませんが、建物を通してその時代の文化に触れることはできます。

また、タラゴナは地中海料理がとても美味しい場所としても有名なので、遺跡だけではなく食の文化にも触れることができます。
スペイン自体が色んなお祭りが多く行われている場所なので、行くだけでも十分楽しむことができると思いますよ。

情熱的なイメージがあり、その人々と同じ時間を過ごすだけで、元気になれることは間違いありません。そのため、その情熱的な性格から、明るい人が多く、日本人にはないものを持っているということが言えます。世界遺産の観光に加えて、現地の人を好きになることができる場所であるということが言えます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国