スペイン世界遺産

アラゴンのムデハル様式の建築物

スペインの北東部に位置するアラゴン州にあるアラゴンのムデハル様式の建築物は、10の建築物からなるユネスコの世界遺産です。もともとは1986年にテルエル市の4つの建築物がテルエルのムデハル様式の建築物として世界文化遺産として登録されましたが、その後2001年にアラゴン州には重要なムデハル様式の建築物がこの4つの他にもあることが認められ、計10の建築物が世界文化遺産に登録されました。

そのスペインのアラゴンのムデハル様式の建築物のうち後から登録された6つの建築物はテルエル市外にあったため、名称がアラゴンのムデハル様式の建築物に変更されました。当初登録された4つの建築物というのは、サンタ・マリア・デ・メディアビーリャ大聖堂の塔・屋根・ドーム、サン・ペドロ聖堂とその塔、サン・マルティン聖堂とその塔、エル・サルバドル教会の塔です。

アラゴンのムデハル様式の建築物のうちその後加わった6つの建築物は、サンタ・マリア教会の後陣・回廊・塔、サンタ・テクラ教区教会、サンタ・マリア教会、アルハフェリア宮殿の遺跡、ラ・セオの後陣・礼拝堂・ドーム、サン・パブロ聖堂の塔と教区教会です。これらの建築物の中で、サンタ・マリア・デ・メディアビーリャ大聖堂の塔が最古のもので、1259年に建築されました。
アラゴンのムデハル様式の建築物のムデハル様式というのはキリスト教建築とイスラム建築との折衷建築様式で、12世紀から15世紀にかけてアラゴンやカスティーリャで発展しました。レンガとタイルを使用して幾何学文様の装飾を施しているのが特徴的な建築様式です。

もともとスペインのアラゴン州は、イスラム教徒の土地でイスラム教文化の影響を受けた建築物が多数ありました。しかし、中世にはレコンキスタによってキリスト教国家がこの土地を支配することになりました。キリスト教国家の支配の中で、イスラム教徒たちの一部はこの地方に残ることが許され、そこでキリスト教建築とイスラム建築が融合したのです。

また、ムデハルという言葉は、アラビア語で残留者を意味するムダッジャンという言葉に由来しています。教会の美しい展望はとても迫力すら感じることができるので、一度目にしておきたいところです。そのため、この教会だけを見にこの地へ足を運ぶ人もいるほどです。日本ではみることのできない高度な技術をそこで目の当りにすることができるというのが魅力的になっているというのは言うまでもありません。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国