スペイン世界遺産

古都トレド

スペインの中央部、カスティーリャ=ラ・マンチャ州の州都であるトレドは、1986年に『古都トレド』として世界遺産に登録されました。

首都・マドリードより、電車やバスで1時間半ほどで行くことが出来ます。
『古都トレド』は、約2千年ものスペインの歴史を凝縮した街並みで、キリスト教とユダヤ教・イスラム教の文化を混合させたスペインの中でも歴史情緒溢れる街です。この長い文明の痕跡を現代に残している事から、世界遺産・文化遺産に認められたのです。

この『古都トレド』は、三方をタホ川という川で囲まれています。その為、天然の要塞都市として長くここに首都や宮殿が置かれていました。
その歴史は、紀元前のローマ帝国の属州の首都としてキリスト教が布教。その後、西ゴート王国の首都となりユダヤ教、8世紀から11世紀にかけてはウマイヤ朝の支配下となりイスラム教が布教されていきました。

これらの異なる文化が長い歴史の中で融合した街並みが『古都トレド』であり、生きた博物館と言われる所以でもあるのです。
11世紀には、キリスト教国のスティリャ王国が領土を取り返し、15世紀にフェリペ2世が宮廷をマドリードへ移すまで栄えていました。

これら歴史の中で作られた建造物は珍しく、観光スポットにもなっています。
その中でも有名なのが≪トレド大聖堂≫です。1227年に着工、完成したのはなんと1493年という長い年月を経て造られました。その為か、ゴシック様式のカテドラルの中に、一部ムデハル様式(イスラム様式とも言う)の部屋が存在するなど珍しい造りとなっています。トレド大聖堂は、現在でもスペイン・カトリックの大本山であり、キリスト教の中心地でもあるのです。そこにムデハル様式が混合しているのはとても不思議な感じがします。

トレド大聖堂の他に、イサベル様式(ゴシック様式とムデハル様式が混合した様式)の代表的なものとして≪サン・ファン・デ・ロス・レージェス修道院≫があります。

『古都トレド』が生み出したものは建造物だけではありません。スペインの絵画三大巨匠のひとりであるギリシャ人の「エル・グレコ」が16世紀半ばにトレドへ移住し、多くの作品を残しています。その為、トレドは芸術の中心地にもなっていきました。

彼の初期の作品『聖衣剥奪』は、今ではトレド大聖堂に所蔵されていますが、当時はあまりにも大胆・革新的として教会からは非難を受けていたと言います。しかし、街の人々には大絶賛を受け、受け入れられていったのです。

エル・グレコの代表作『オルガス伯の埋葬』は、必ず見て欲しい傑作でもあります。これは、≪サント・トメ教会≫で見る事が出来ます。
また≪エル・グレコ美術館≫もあり、ここではグレコのアトリエが再現されています。

世界遺産『古都トレド』では、複数の宗教感を融合した独特な雰囲気を感じる事が出来る街並みを楽しむことが出来ます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国