スペイン世界遺産

バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

世界遺産として有名なバレンシアにあるラ・ロンハ・デ・ラ・セダはスペインの東部にある建物です。
スペインのバレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダの気候は一年中温暖なため、世界遺産がある地域としては、とても過ごしやすい地域といわれています。

また、バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダはその恵まれた気候のおかげでオレンジなどの農産物がよく育つようです。
バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダの街中には花もたくさん咲いているので見ているだけで癒されます。

バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダはかつて地中海貿易の中継地として栄えた歴史があります。
ラ・ロンハ・デ・ラ・セダは日本語に訳すと絹の取引所という意味です。
ラ・ロンハ・デ・ラ・セダの中には無料で出入りすることができます。

バレンシアはスペインの第3の都市ともいわれており、昔は絹取引で非常に栄えていた街でした。
街が栄えていたおかげで街の資金も増え、ナポレオンが侵略しにきた時にもその財力を使って対抗することができたようです。

歴史的価値のあるラ・ロンハ・デ・ラ・セダは、1996年に世界遺産として登録されました。
ただ、ラ・ロンハ・デ・ラ・セダの建物自体は、どこにでもあるような建物なので世界遺産の中で比べると驚きとかはあまり感じられないかもしれません。
上記でオレンジがよく育つと書きましたが、ラ・ロンハ・デ・ラ・セダの内部にもオレンジがたくさんありました。

バレンシアまではマドリードから大体3時間ほどで到着することができます。
高速鉄道を使うと1時間ほど短縮できるみたいです。
日帰りだとゆっくりできないと思いますから、バレンシアで一泊していった方がゆっくり探索できると思います。

また、ラ・ロンハ・デ・ラ・セダの対面側にある市場は色んな食材が売ってあるので見るだけでも楽しいです。
バレンシアに来た人たちは、ラ・ロンハ・デ・ラ・セダよりも市場の大きさに驚く人が多く、市場の探索に時間をかけてしまう人がほとんどのようです。
ヨーロッパの中でも最大規模の市場ともいわれているので、もしバレンシアに立ち寄ることがあれば是非ラ・ロンハ・デ・ラ・セダとセットで足を運んでみてください。

それだけの価値がある場所であると言えます。市場ではいろいろなものが並べられており、その品々には目を見張るものがあります。そのため、とても楽しい時間を過ごすことができる場所であるわけです。名所とこの市場で満足いくこと間違いありません。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国