イタリア世界遺産

アマルフィ海岸

イタリア世界遺産であるアマルフィ海岸の美しさは映画にも登場しています。

その映画のひとつ、撮影の殆ど全部をアマルフィで撮影をしたハリウッドを映画を観ましたが、あの岩場を削って造った場所に家々が点在する世界遺産の風景は本当に素晴らしいです。
是非一度は訪れて見たいと思わせる観光地の一つです。

昔から、アメリカやイギリスの富裕層が集まっていたようで、映画の中の時代背景は日本の第二次世界大戦の後の頃だったようでした。
日本が貧しく国民が大変な日々を過ごしていた頃、英米の大富豪はあの素晴らしい世界遺産の景観のアマルフィで休暇を過ごすとは何と言う環境の違いだったかと思います。

日本とイタリアは当時は同盟国でしたが、敗戦と同時にあのように戦勝国の米英が乗り込んで行ったのだと思います。
そんな島の教会や歴史的な建造物も登場し、海原で散歩する風景など暫くあの界隈で過ごすだけで気持ちを癒してくれると思える環境の良さです。
どの建造物にもあちこちに彫刻が丁寧に彫られていて大昔のイタリアには数え切れないほどの芸術家がこつこつと作品作りをしていたような気がします。
昔からあちこち動き回る旅行でなくて、気に入ると同じ場所に数日間滞在しました。
あのきれいなアマルフィ海岸でたった1日2日では勿体ないような気持ちにさせてくれると思います。
ハリウッド映画では、撮影する場所も考えていたと思いますが、どの角度から撮っても絵になるような場所が多く本当に絶景な撮影場所だと思います。
またある映画は絶壁なアマルフィ海岸辺りをドライブするシーンがありました。

運転を誤ると谷底に落ちてしまうような、あのような険しい所に道路を切り開いたり、岩を削って家々を作る昔のイタリア人のご苦労も想像できます。
ある番組では険しい崖のようなところにぶどう園を営んでいて、ぶどう酒に仕込む時期をぶどうの甘みをチェックしながら決めるという内容でした。
他にもイタリアの夏の熱さは美味しいイタリアの完熟トマトを育ててくれ、料理もとても美味しいものばかりです。

イタリア人のこだわりはいつも完全な物を追及する姿勢が今のような、美を競う業界へも参入するようになったような気がします。
アマルフィ海岸の一寸した脇のベンチに座るイタリア人の様子は、それだけで絵になっていました。
街並みだけではなくそこに住む人までもが世界遺産のよさを引き立てているのだと感じました。

イタリアは美男・美女も多くて驚かされます。
偶に彫刻のような風貌の男性や女性が行き交いまさに映画の世界に自分が入り込んでしまったかの様な体験ができるのではないでしょうか。
あのダビテ像のような風貌の男性ってイタリア人に多いかもしれません。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国