イタリア世界遺産

北西イタリアの世界遺産

世界遺産巡りは旅の大きな動機になってくれます。どこかの土地に出かけた時に、必ず足を運ぶものです。 別に日本人だけではなく、アメリカ人も欧米人もチュニジア人もブラジル人も、それをある種の旅の目当てとして、世界中を旅して回ります。

しかし、いくら世界遺産が人を引き付ける魅力を持っていたとしても、地球の果てにあるような場所には、なかなか人は足を運びません。世界中の観光地を回る予定の人なら別ですが、やはり日本人が縁遠い国を実際に訪れる機会は、少ないはずです。

■イタリアは世界遺産が旅のおまけになる国

その点、ヨーロッパ、特にイタリアは違います。 イタリアにも世界遺産は多く、北部のトリノ、ミラノ、ジェノバ辺りだけを見ても豊富にあります。かといって世界遺産しか周辺に見どころが無いわけではありません。 特にイタリア北西部は観光資源が豊富なので、世界遺産も旅の1つ、極端な例では旅のおまけにすらなってしまうのです。以下、観光名所を列記してみましょう。

★トリノ

トリノにも世界遺産はあります。例えばサヴォイア王家の王宮群などは有名です。トリノ近郊にある王族の宮殿と庭園が美しく世界中から人を集めていますが、トリノの観光地はサヴォイア王家の王宮群だけではありません。エジプト博物館や国立映画博物館、ドゥオモと聖骸布博物館などが市内にありますし、郊外にはフィアットやフェラーリなど伊車を並べた自動車博物館もあります。

トリノは最近冬季の五輪が開かれたくらい大きな町なので、気持ちよく町並みが発展しており、カフェ、本屋、雑貨屋などオシャレなショップもそこかしこにあります。純粋に観光地として魅力のある都市なので、訪れたついでに世界遺産を巡るプランも可能になるのです。

★ミラノ

ミラノは世界的に有名な都市の1つです。有名なサッカーチームの本拠地として知っている人も居るでしょうし、ファッションの町として知っている人も居るはずです。町並みはとにかく美しく、アーチ型ガラス天井を持ったモールも存在します。おしゃれなカフェやレストランが点在し、町を歩くだけでも飽きません。そのミラノの圏内にはクレスピ・ダッダという町がありますし、隣町ボローニャとの間にはモデナの大聖堂などの見所もあります。イタリアを代表する都市を訪れたついでに、世界遺産にも足を運ぶというぜいたくな楽しみ方ができます。

★ジェノバ

ジェノバとは世界史上でも有名な港湾都市です。日本人サッカー選手の三浦知良選手がアジア人初で移籍したプロサッカーチームのある町としても有名です。旧市街と山の手エリアが混在する独特の景観が魅力で、街角の1つ1つに味わいがあります。もちろん世界遺産も存在し、ジェノバから海岸線沿いに東南へ進むと、ポルトヴェーネレというお城と砦で有名な港町があります。海辺の景観を楽しみたい人は、ジェノバから海沿いに観光をして、その足でポルトヴェーネレに出かけるというぜいたくな旅のプランもあります。

■イタリア北西部を周遊しよう

北西部には、トリノやミラノ、ジェノバのような世界的に知名度の高い都市が点在し、その地域には等しく世界遺産が点在しています。世界遺産だけでは旅の目的になかなかなりにくいですが、旅のついでに回りたいという人には最適です。

また、この国は日本人にとって、パスタがある分だけ食事の面でも過ごしやすい国です。長期の旅行をしていても、食事に飽き飽きしないで済む点も魅力的です。イタリア北西部の都市を回り、そのついでにいろいろな世界遺産も回ってくるといいです。忘れられない旅行になるはずです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国