イタリア世界遺産

ドロミーティ

皆さんは、世界遺産が一番多い国をご存知ですか?

それはイタリアで50箇所近くもあるというのです。

バチカンも入れたらそれ以上になるということを考えれば、それだけイタリアには魅力的な建物が多いということになります。

しかし世界遺産は何も建物だけではなく、雄大な自然があるのも重要な一点ではないのでしょうか?
そこで今回は、イタリアの世界遺産の中でもドロミーティについて述べていきたいと思います。

ドロミーティとは自然の世界遺産のことで、北イタリアの山群なのですが、どういうところが魅力かといいますと、景色が雄大です。
どのように雄大かといいますと、崖や絶壁がはっきりしていて、景観も独特で見た目もものすごく美しいのです。
その美しさからドロミーティは世界遺産に登録されたわけです。

名前の由来としましては、ドロマイトという苦灰石を発見したデオダドゥドロミューからきているとされ、なんと洞窟が存在しないのが特徴といわれています。
そしてドロミーティのいいところとしましては、ハイキングの通り道や登山におすすめです。

つまり初級者でも歩けるハイキングコースや、上級者でも楽しめるコースなどがしっかりと整備されており、しかも歩きながら雄大な景色をのんびりと楽しむことができるのです。

また季節によって楽しみ方が変わるのも魅力で、つまり冬はスキーとして楽しめますし、夏は山歩きを存分に楽しむことができます。
ですから何度も行きたくなるわけなのです。

またマルモダーラ山は、唯一氷河が見ることができるポイントですし、それぞれの山には色々なポイントがあるようです。
ですからただ単に歩くだけではなく、それぞれのポイントを確認しながら見たほうが存分に楽しめるでしょう。

例えば湖もすばらしいものが多く、沖縄の海のようなきれいな湖も拝めます。
これらががドロミーティの魅力といえます。

つまり山の黄金郷であり、実際に欧州では価値のある50景のひとつに選ばれていることからもそのすばらしさが伺えます。
バカンスには最適です。

ただし大変広い山ですから、イタリアのドロミーティに行くときには一度だけではなく何度か足を運ぶことを考えて計画をしたほうが良いかもしれません。
山だけではなく山の周りにも魅力的な町並みなどがありますから、気になる方はしっかりと調べてから行かれることをおすすめしたいです。
まずは写真などを見て、ここへ行ってみたいと感じたら足を運んでみてはいかがでしょうか?感動はその何倍もあると思いますよ。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国