イタリア世界遺産

ピサのドゥオモ広場

イタリアといえばの観光名所がピサのドゥオモ広場です。

ピサの斜塔があるピサのドゥオモ広場は1987年に世界遺産に登録され、その美しさと歴史や文化性が認められ、次世代に向けて世界的に受け継がれていくべき財産として評価を受けています。

ピサの斜塔が世界遺産ではないの?と思われる方も多いようですが、ピサの斜塔を含むドゥオモ広場が世界遺産です。

傾いた塔への驚きから、どうしても目がいきがちですが、実際にピサのドゥオモ広場に訪れると、ピサの斜塔は脇の方に建っていて、真ん中にそびえる大聖堂ドゥオモに圧倒される人も多いはずです。

イタリアでピサのドゥオモ広場を訪れたら、広場の西側にあるサンタ・マリア門から入場するのがおススメです。
門を通って最初に見る光景の美しさは格別です。
円筒形の洗礼堂、中央のドゥオモ、それに続いて並ぶピサの斜塔が一望できます。

このピサのドゥオモ広場はその美しさから「奇跡の広場」と呼ばれて、古くからイタリアの人々に愛されてきました。
現在では、世界中から観光客が訪れ、毎日賑わいを見せています。

ピサのドゥオモの建設が始まったのは、10世紀末から11世紀頃のことと言われています。当時、勢力を誇った海洋都市国家のピサがその権力を示すために築造しました。
その当時の人々の生活は教会を中心に営まれていましたから、ドゥオモを中心に街が造られていったわけです。

海洋都市国家として名をはせたピサは地中海交易で莫大な利益を得ていました。
その利益を財源としてピサのドゥオモ広場を造り上げていく一方で、交易を通じて流入してきた様々な異文化や技術が融合し、ドゥオモや斜塔のデザインや建築、内装に活かされていきました。
イスラムやビザンチン、ロマネスク様式などの異なる文化が融合した珍しい建築デザインはピサ様式と呼ばれています。
外からの精緻さはもちろん、中から見ても美しいのですから、是非、内部も見学しましょう。
洗礼堂の中にはステンドグラスや彫刻の数々も見られ、とても興味をそそられます。

ピサの斜塔はロマネスク様式で1173年に建築が始まったようです。
もともと斜塔としてデザインされたわけではなく、地盤が脆弱だったため傾いてしまったというのが実際のところです。
いったんは工事が中止されたものの、なぜかそれでも工事が続けられ、1372年に54メートルの鐘楼が完成しました。
その時には既に斜塔となり傾いていたわけですが、時とともに少しずつ傾き、1990年になって倒壊の危険が叫ばれました。

世界的な議論が起きた結果、2000年に、重機とワイヤーを使って反対方向に引っ張るという補正がなされ、同時に地盤強化も行って、4.5度程度に傾きを抑え、とりあえず安全な位置に納まっています。
そんなピサの斜塔、人が登れるの?と思われる方も多いでしょう。
予約は必要ですが、登ることが可能です。

せっかくイタリアのピサのドゥオモ広場までやってきたのですから、登らないでは帰れないでしょう。
ぜひイタリアのピサの斜塔に登って、これまでに見たことのない不思議な眺めを味わってください。
斜塔から見る世界遺産のピサのドゥオモ広場やピサの街並みはとても素晴らしいです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国