イタリア世界遺産

チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群

イタリアにあるチェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群は、イタリアの先住民族であったエルトリア人が残したと言われるネクロポリスの跡が点在する古墳群です。

ネクロポリスとは死者の街と言われる巨大な墓地や埋葬場所で、現代でいうならば霊園のような役割を果たした場所ということができます。
チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア一帯には6000にものぼる墓地の跡が点在し、1つ1つが大きく、しかも死者を弔うための立派な墓室や装飾、絵画などが綺麗な状態で保存されています。

これほど多くの墓地が、しかもこれほど綺麗な状態で保存されていることは珍しく、2004年にはチェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群として、世界遺産に登録されています。

世界遺産のチェルヴェーテリはイタリアのローマから北西へ44キロ、車で1時間ほどの場所にあり、タルクイーニアはローマから北西へ96キロ車では2時間半ほどの場所にあります。

古代エトルリアは現在のイタリアのトスカーナ州、ウンブリア州西部とラツィオ州北部を含む広いエリアだったとされており、紀元前9世紀から紀元前1世紀に渡って交易で国が栄えるとともに、高度な文明や技術をもっていたと言われています。

ネクロポリスを造ることができたのも、その一環で埋葬文化や葬祭芸術が発展し、この一帯に複数の大規模かつ記念碑的な墳墓を残したとされます。
日本でいう前方後円墳的な構造の大型の墓は、石を積み上げて造られており、中に入ると、死者の棺が置かれる広い部屋が並んでいます。
これらの墓室は1人ではなくカップル単位で1つとされているものも多く、永久の愛を繋ぐよう夫婦そろって同じ場所に葬られたことを知ることができます。

現在でも、夫婦や家族は同じ墓に入るのが習わしだと思いますが、この時代からそういった風習があったのだと思と興味がそそられます。
壁には装飾画が施され、ハチドリやイルカ、エルトリアの貴族たちの生活が描かれています。

た、別の場所には、地下古墳もあり、地下へと繋がる階段を降りて行くと、やはり、個室のような部屋が広がり、色鮮やかな壁画で飾られています。
神聖な森を描いたものや村の祭りで人々が躍る様子や、魚釣りをしている場面のほか、埋葬者の肖像画らしきものも見られます。

死者の魂を弔うとともに、死者が寂しくないよう安らかに眠るようにと祈りを込められて描かれたであろう絵の数々に、思わず心が奪われます。
6000余りの墓のうち200には内部の絵が残されていると言います。
日本にも数々の古墳跡はありますが、これだけの跡がほぼ完全な形で残されている古墳群はなかなか巡り合えません。

世界遺産に指定された意義がよく分かります。
また、実際に内部を見学できるのも魅力です。
ローマからもさほど遠くないので、イタリアに行ったら是非、世界遺産チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群にも足を運んでみてください。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国