イタリア世界遺産

アグリジェントの遺跡地域

さて、シチリアには多くの世界遺産があることをご紹介してきましたが、やはり最も気になるのはアグリジェントの遺跡地域なのではないでしょうか。

アグリジェントの遺跡地域は、県庁所在地であるアグリジェントの街にあります。

アグリジェントの街はシチリアを代表する街です。

シチリアを知りたいのであれば、アグリジェント観光を忘れてはいけません。

アグリジェントの街は乾いた地域特有の砂の色の建物が広がっており、周辺の丘へ上ると地中海の海が一望できるようになっています。

街を囲むように小高く伸びているこの丘の上は、およそ二十以上もの遺跡が並んでいる特別な丘です。

観光に訪れた人々の視線は一つ残らず美しい遺跡に注がれており、そのうちの多くは、すぐさま夢中でシャッターを切るようになります。

アグリジェントの遺跡地域は、極端に日陰が少ないのが特徴です。

それでも、そんな汗だくになってしまうような暑さも思わず忘れて目の前の世界遺産に魅了されてしまうのです。

ちなみにこの辺一帯の世界遺産の中では、コンコルディア神殿がひときわ鮮烈なパワーを放っており、神々しいまでの美しさをたたえています。

コンコルディア神殿とは、ローマ神話にでてくる和合の女神であるコンコルディアを祭った神殿です。

スピリチュアルな雰囲気が漂うこのコンコルディア神殿は、紀元前五世紀の半ばに造られたドリス式の神殿であり、この島で最も大きな規模の神殿でもあります。

丘に集合している遺跡群の中で最も保存状態が良いこともあり、コンコルディア神殿の周囲には常に多くの観光客が集まっているのです。

かつての技術と美的感覚に酔いしれる観光客の姿も多いのですが、テレビのリポーターの姿が見られることも多く何かにつけて非日常な空気を感じることができる空間になっています。

哲学者であるエンペドクレスの出身地としても知られている街・アグリジェント。

この街は上記のように数多くの遺跡が保存されており、神秘的な雰囲気をまとったさまざまな世界遺跡・文化を見学できるようになっています。

ただし、アグリジェント神殿周辺の世界遺産は猛暑の日に向かうとかなり肌が焼けます。

アーモンドの花などが咲き乱れていて美しい地域ではあるのですが、そこらじゅうに木が生えているような場所ではないので、観光される方は何かと注意が必要です。

また世界遺産の内部はファッションショーに利用されることもあり、特別なイベントが催されることもあるので、観光する際は情報を隅々までチェックしてから行くのがおすすめです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国